エントリ

| コメント(15) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(15)

裁判員制度を徴兵制になぞらえて批判する詭弁的な部分を除けば、ほぼ全面的に賛成できます。
特に
>裁判員制度は「必然性も必要もない」
は全く同意です。
我々も裁判員制度実施に向けて各種の準備を行っていますが、制度について知れば知るほど「この制度は何がしたいのだろうか?」という疑問しか湧いてこないんですよね。
このまま裁判員制度の運用を開始したとしても、日本の司法システムに無用の混乱を招き、予算と人員を浪費した挙げ句に、国民に致命的な司法不信を残しただけで終了、ということになりかねないのではないかと懸念しています。

何でこんなことが知らぬ間にあっさり決まっちゃうんでしょうかね〜。
不気味です。

小田島先生からもらった宿題落とした・・・・

労働者は皆同じでしょうが、私事を申しますと、
受け持ち患者さんの急変時はどうしたらよいのか等を考えます。

以下短い報道ですが、地方でも啓蒙活動はあるようですね。

ttp://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20080914ddlk35040362000c.html

声の大きい人(マスコミを味方に付けたほうと言ったほうがいいかも)が優位に裁判を進めていくということになるんでしょうね。

現職が言ったら殆ど二枚舌になりますが、総選挙の党公約にいれたら、その党大躍進するんじゃないでしょうか。

私も死刑には反対の方ですが、裁判員制度は賛成かな・・・。人を裁くということと人を裁く資格を持つということは別に考えています。

 例えは悪いとは思いますが、マンションの草刈や掃除当番が
回って来るような感覚でしか裁判員制度の義務を考えていない
方も多いような気がします。
内の家内は昔からクジ運がやたら良くて、貧乏クジも良くひき
ますので、選ばれそうな気がしますが、上記のような感覚でし
か理解していません。

私自身は海外にいますので、遅れているだけかもしれませんが
日本での国民の理解と言うか周知は進んでいるのでしょうか?

今、調査すれば賛成、反対が40%、60%位にまでなって
いないと見切り発車の混乱を招くような気がします。

裁判員制度なんて 
ぜったい はんたーーい
理由,  どさくさに出てきた法律にろくなものはない
たとえば, 郵政, 高齢者医療  特定健診
? ところで
 この法律に経済財政諮問会議はかんでなかったですよね...

あんたの家内って誰?

問屋制家内工業?
産業革命?
マニュファクチュア???

裁判員制度が生まれた発端をごくおおざっぱにまとめると、↓にあるとおりかも・・・・
http://ikeuchihiromi.cocolog-nifty.com/saibanin/2008/06/post_8ae5.html

言ってることは正論ですけどね、じゃあ冤罪事件はどうするんですか。
自分が冤罪で逮捕される可能性を考えるなら、裁判員制度を認めてもいいかもって私は思いますけどね。

もちろん裁判員制度が特効薬になるとも思ってません。
逮捕や起訴された後に無罪になっても名誉を回復するのは困難な様ですし。
警察や検察が変わってくれないと困るわけです。
ですから、裁判員制度が始まるからと言うのを言い訳にして、改革をして欲しい。たとえば取調室の可視化。

それが出来ないまま現状のシステムで裁判員制度をはじめれば、弊害のほうが多いかもしれません。

(お行儀が悪いコメントなので削除。ペンペン)

んーリンク先の内容に全然納得できないんですが・・・
僕だけでしょうか?

>陪審になれば誤判が多くなり、真実発見が遅れる、という話には本当に憤りを持って反論しなければいけない。職業裁判官が(誤判で)死刑判決を確定させてるんですよ


職業裁判官が誤判をしているということと、陪審になれば誤判が増えるというのは全く別問題だと思うのですが。

あちこちのサイトで報道に対するコメントを拝見すると、

凶悪事件報道に対しては「こんな悪い奴は死刑!」
死刑執行報道に対しては「よくやった!>法相 次も頼むぜ」
強姦報道に至っては「去勢してしまえ!」

などという論調がかなりの高確率で見受けられます。
まぁ、実際に裁判員になってまでこんなことを言う人は少ないのかもしれませんが、それにしても短絡的、直情的、付和雷同的な反応が多いように感じられ、「本当に来年、制度施行しちゃって大丈夫なの?」という思いを強く持ちます。
全体的には厳罰化が進行するのではないでしょうか。。

No14様
 匿名性の中での集団心理として過激な発言が多いのは、典型的な例だと思います。マスコミ報道を見る限りだと、企業で公欠扱いになるのかといった問題を取り上げられていたりして、No7様がいうように、当番のような感覚なのかもしれません。

法律相談へ

ブログタイムズ