エントリ

国選弁護人が目標の半数 準備に疑問 埼玉(毎日新聞 2008年9月9日 15時00分)

 来年5月に始まる裁判員制度で、埼玉県弁護士会(446人)が制度対象事件を担当する国選弁護人を募ったところ、登録を申し出た弁護士が当面の目標とする100人に対して49人にとどまっていることが分かった。県弁護士会執行部内でも、制度の是非を巡る賛否の対立があり、制度スタートまでに態勢を整えられるか疑問視する声が上がっている。

 いろんなところで歪みが生じているようです。
 何事につけ、軌道にのるまでが大変ですが、のせられるかどうかについての不安が生じています。
 「のせてはいけない」とか「のらないほうがいい」とか「のらなくてもかまわない」と思っている人がかなり多そうですから当然と言えば当然ですが。

| コメント(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(2)

ご紹介頂いた記事の最後の一文なのですが、弁護士の先生の
内、

>>県弁護士会は2月の臨時総会で、裁判員制度の廃止もしくは延期を求める決議が賛成144、反対189で否決された

のに、制度対象事件を担当したくないということは、「裁判員
制度自体は良い制度だが、担当したくても日常業務へ負担から
物理的に難しい」
という考え方がやや多いと考えて良いのでしょうか?

コメント多いねー

法律相談へ

ブログタイムズ