エントリ

「国民目線の広報必要」 裁判員制度に向け検事総長(産経ニュース)
裁判員制度へ向け、広報態勢充実(毎日新聞 2008年9月18日 東京夕刊)

 事件広報について、樋渡総長は「従来はマスコミに対し、謙抑的に終始してきた嫌いがあり、国民に検察の活動を分かりにくいものとしてきた側面も否定できない」と指摘。捜査の秘密などは厳守しつつ「例えば起訴・不起訴処分の理由、裁判における争点などについて、踏み込んで丁寧に説明することは十分可能。真摯(しんし)に検討してほしい」と述べた。(産経ニュース)

 一生懸命リップサービスに努めておられるようですが

 起訴の理由について述べるとすれば、起訴の根拠となった証拠に基づいて述べることになると思いますが、その証拠の信用性があるとは限らず、将来の公判における弁護活動によって証拠能力(証拠にできる資格そのもの)や信用性が否定される可能性が常にあります。
 起訴直後に起訴の理由について不用意に述べれば、裁判員制度を前提にした場合、裁判員に対し不当な先入観念を与えることになりかねません。

 不起訴の理由を述べることについてもかなり深刻な問題が生じる可能性があります。
 わかりやすく痴漢事件を例にあげますが(痴漢事件の不起訴について記者会見をするかどうかはともかく例としてあげます。)、不起訴の理由として被害者の供述の信用性について疑問があるなどと言えば、最近のでっち上げ事件が連想されて、被害者が被疑者を陥れようとしたのではないかという疑念が生じかねません。
 証拠が不十分だと言えば、被疑者は本当はやっているんだけど証拠が足りないだけなんだなと世間的クロ認定をされてしまう恐れもあります。

 このように、「踏み込んで丁寧」な説明をしようと思うと、思いっきり神経を使いますし、下手な説明をすれば関係者の名誉等に重大は被害が生じる危険性があります。

 原則として各地検の次席検事が当たってきた報道対応については、現場の主任検察官にも担わせる考えを示した。(毎日新聞)

 こんな微妙な問題がある説明を不慣れな主任検事にさせていいんかいな、という素朴な疑問が生じます。

 これまで検察はものを言わなすぎだったことは確かだと思います。
 法曹三者の中で、裁判官と弁護士というのは、その資格を聞いただけで仕事の内容がかなりの程度イメージできますが、検察官の仕事というのはなかなかイメージしにくいと思います。
 単に、事件を起訴する怖い人くらいのイメージじゃないでしょうか。
 または刑事とほとんど混同されていたりして。
 その意味では広報の必要性は感じますが、そのやり方についてはよくよく検討したほうがいいと思います。

 国民目線というのは、検事総長がイメージしているようなものばかりではないと思いますので。

| コメント(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

コメント(2)

 マスコミを通じて効果的に広報戦略を打つことで、国民=裁判員を取り込んで公判を有利に進めたい(最低限、不利にならないようにしたい)という意図を感じました。
 
 以前、朝まで生テレビで裁判員制度を取り上げた回を観たのですが、裁判員推進派の主張は要するに「素人の裁判員を取り込むことで、検察優位の刑事裁判の現状に風穴をあけたい」と聞こえました。
 もし検察上層部が、裁判員が弁護側に取り込まれることへの危機感を抱いているとすれば、国民目線の広報が必要とのコメントが出るのも理解できる気がします。
 とは言え、検察と弁護側とで裁判員を取り込むためのプロパガンダ合戦になるのは勘弁してもらいたいところです。

 アメリカの陪審員制度だと、陪審員はホテルに缶詰にされて、新聞もテレビも見られない状況で判断を下すとの話を聞きましたが、なぜ日本の裁判員制度はそうならなかったんでしょうか。

例えば、大変悲惨な殺人事件があり、容疑者が逮捕された、とします。
現行犯逮捕ではなくても、メディアは容疑者を「犯人」として報道し、これでもか、これでもかと言わんばかりに「犯人」の「残虐さ」と被害者(遺族)の嘆きを報道します。
そんな中で「推定無罪」とか「疑わしきは被告人の利益に」なんて言っても「お前も共犯か!」と決め付けられりことがあります。そんなケースを何度も見てきました。
松本サリン事件の初期の報道や、光市母子殺人事件の報道を今思い返すとぞっとします。
善悪の判断に市民感覚を入れるのは大事なことだとは思いますが、報道に「洗脳」されてしまった人間が裁判員になることや、裁判のずべてを傍聴せずに最初の報道による印象だけで判断する世論が存在するということは、やはり怖いことですね。

PS.「目線」という「ギョーカイ」用語はいまや検事総長までがお使いになる「一般語」になっちゃったのですね・・・。
私なんぞはやっぱり「視線」の方がしっくりきます。ついでに言えばこの場合、私には「国民の視点に立った広報」の方がわかりやすいです。トピズレ失礼しました。((○| ̄|_

法律相談へ

ブログタイムズ

このエントリのコメント