エントリ

ヲチスレ経由ですが

 調べでは04年6月5日、敦賀市内の暴行事件で負傷した無職石橋勉さん(当時61)が病院に運ばれた際、骨折した肋骨(ろっこつ)が肺に突き刺さっていたにもかかわらず、男性医師は、エックス線撮影で確認できず、適切な治療をしなかった疑い。石橋さんは2日後に肺挫傷で死亡した。

 この当直医は眼科医とのことですが、眼科医の場合は見落としても無理もないという意見はどの程度あるのでしょうか?

 検察の判断が注目される事例と思われます。

 念のために確認しておきますが、

 書類送検 = 起訴 ではもちろんありません。

| コメント(83) | トラックバック(5) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

トラックバック(5)

携帯アクセス

tubuyaki.png