エントリ

脅迫:病院長脅した元患者に実刑 広島地裁判決(毎日新聞 2009年3月5日 2時30分(最終更新 3月5日 2時30分)ウェブ魚拓

 実刑とありますが、前科の有無によって変わってきますので、初犯だったら実刑になるかどうかはよくわかりません。

 それはともかく、暴力はもちろん、限度を超えた患者の暴言に対して医療側も我慢する必要はないと思います。
 こういう患者は、他の患者にとっても大迷惑です。


 ところで、大野病院事件の起訴について警察や検察を非難する声はいまだに聞こえますが、患者の暴力・暴言に対して最大最強の味方になるのは警察・検察であることも認識するべきだと思います。

補足追記
 最後の一文が説明不足のようですので少しだけ補足します。
 「警察や検察を非難する声」は「警察全体及び検察全体」のほうがより正確だと思います。
 なお、「非難」は「批判」とは明確に違う意味で使っています。
 さらに付け足せば、最後の一文は蛇足ですので、蛇足として読んでください。
 つまり、このエントリで大野病院事件について議論するのは本意ではないということです。
 書いちゃったので消しませんが、一部の医者に対するわだかまりは依然として私の中に残っているということです。
 おっと、また余計なことを書いてしまった(^^;

| コメント(10) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

携帯アクセス

tubuyaki.png