エントリ

 インフルエンザ治療薬タミフルを服薬した10歳以上の子どもは、服薬しなかった子どもに比べ、飛び降りなどの深刻な異常行動をとるリスクが1・54倍高いという分析結果が18日、厚生労働省研究班(班長=広田良夫・大阪市大教授)の最終報告書で明らかになった。

 この「1・54倍」という数字にどのような意味があるのかよくわかりません。

| コメント(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

携帯アクセス

tubuyaki.png