エントリ

 名古屋市港区の産婦人科医院で00年、出産直後の主婦(当時31)が死亡した事故は医療過誤が原因として、夫(32)と長男(6)が同医院の医師桑山知之被告(48)=業務上過失致死罪で公判中=らに計約1億2800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が14日、名古屋地裁であった。加藤幸雄裁判長は、桑山被告に計約7700万円の支払いを命じた。

 桑山被告は、同地裁の刑事事件の公判で起訴事実を否認している。今回の判断が、刑事裁判の審理にも影響を与える可能性が出てきた。

 刑事裁判で検察側は、子宮の出口にある子宮頸管(けいかん)が裂けていたと指摘しているが、加藤裁判長は「子宮頸管裂傷は認められない」と判示。一方、「出血性ショック状態の主婦を早期に大病院へ運んでいれば、死を回避できた可能性があった」として桑山被告の過失を認めた。また、医院を経営していた同被告の父親への訴えは、時効が成立しているとして退けた。

 判決によると、主婦は00年8月31日午前、同医院に入院。男児を出産した直後に大量に出血し、同日夜に出血性ショックで死亡した。

 事故をめぐっては、夫が冷凍保存していた遺体を愛知県警が司法解剖し、子宮頸管裂傷を見落としたうえ、大病院への搬送が遅れたなどとして桑山被告を01年11月に同罪で書類送検した。同被告は03年8月、名古屋簡裁から罰金50万円の略式命令を受けたが、不服として正式裁判を請求。今月28日に論告求刑公判が開かれる見通しになっている。

 刑事と民事が絡んでややこしい話になっているようです。
 どちらも一審では終わらないでしょう。

| コメント(12) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yabelab.net/mt4/mt-tb.cgi/1622

コメント(12)

不思議な記事ですね。

>  事故をめぐっては、夫が冷凍保存していた遺体を愛知県警が司法解剖し、

遺体を冷凍保存する夫とは何者? どうやって冷凍していたのか。 そもそも、勝手に冷凍して良いのか?
速やかに埋葬するものではないでしょうか。もしくは、司法解剖とか。

また、文中

> 子宮頸管裂傷を見落としたうえ、大病院への搬送が遅れたなどとして
> 桑山被告を01年11月に同罪で書類送検した。

という記載がある一方で

> 加藤裁判長は「子宮頸管裂傷は認められない」と判示。

なんのこっちゃ。結果は、

> 早期に大病院へ運んでいれば、死を回避できた可能性があった」として桑山被告の
> 過失を認めた。

で、判決は7,700万円と。

個人病院が舞台のようですが、やっぱり個人病院では出産はやめたほうがよいという事なんでしょう。

、「出血性ショック状態の主婦を早期に大病院へ運んでいれば、死を回避できた可能性があった」って・・・
これで因果関係が成立するのか愕然としています

たった1000ccの出血で出血性ショックで亡くなってしまう患者をいかに高次医療機関に搬送したところで間に合わないと思うんですけどこの裁判官なら助けられたのでしょうね

もし搬送しても途中で亡くなって「移送せずにいたら救命の可能性があった」とか「搬送先の治療が不適切だった」と言われて搬送元か搬送先が負けてしまうのでしょうね

日本で産科医を続けるというのは地雷原を目隠しで歩くのと同じと誰かが言ってましたがその通りですね
もとこれで刑事事件でも有罪となるようなら産科医の逃散がさらに進むでしょうね

しょせん新聞報道ですから、内容の正確性について期待するものではありませんが、こういう記事をみると、「よくわからないけど、やっぱり産科は恐いから近づかないようにしよう」と医学生が敬遠するでしょうね。さらに産科医療から人手が減るわけで...

風評被害といって良いですかね。

警察も裁判所もどうしてこうアホ揃いなんですかね。医師の知見を真っ向から覆すからには医師より医学に通じているか通じていると誤解しているかなんだけど。法律屋って自分も周りも見えていないアホだらけですわ。あるいはそれ位厚顔無恥でないとできない商売なんですかね。

警察も裁判所もどうしてこうアホ揃いなんですかね。医師の知見を真っ向から覆すからには医師より医学に通じているか通じていると誤解しているかなんだけど。法律屋って自分も周りも見えていないアホだらけですわ。あるいはそれ位厚顔無恥でないとできない商売なんですかね。

情報が限られているので何が起こったのかの全容を報道だけで知ることは難しいのは判るのですが、昨今こうした医療過誤訴訟絡みの報道をみていますと「?」なものばかりのような気がしてきます。
一見してそれは訴えられても仕方ないだろうと思うものであればまだしも、記事を見る限りあまりに整合性のない話に感じられてしまうのは司法の判断自体が間違っているということなのか、それとも報道するマスコミに問題があるのか?いずれにしてもこうした不十分な報道が医療従事者の不審と不安をますます駆り立てていることは間違いありません。

あまりにも理路整然とストーリーを作りすぎてしまう報道も別な意味で問題が多いと思いますが、記事を読んだ読者に余計謎を深めさせてしまう報道というのはそもそも報道としてどうなんでしょうか?元の判決がさらにトンデモで何とか読めるレベルまでまとめたと言うならまだ救いがあるのですが…

ワタクシにとってはマスコミ報道だけでなく、判決文を読んでも余計謎が深まるばかりであります。

なので医事関係訴訟の個々の判決文に目を通すのはヤメにしたいのですが、ついつい...

刑事で検察側が頚管裂傷と指摘しているというのは,司法解剖の所見をもとにしているはずです。つまり,解剖によって頚管裂傷が確認され,そこが出血源と判断されたということですね(桑山被告はこのこと自体も事実でないと主張しているのでしょうが)。民事の方はこの解剖鑑定結果抜きで争っているのでしょうか(ありうることだとは思います)。裁判長が「子宮頸管裂傷は認められない」と判示した理由もよく分からない(文書鑑定の結果などでしょうかね)ですが,それでも過失を認めたというところに,確かにややこしさを感じますね。
ややこしい文章ですみません(^^;

この件については個人攻撃になるのであえてコメントを避けてきましたが、ほとぼりも冷めてきた頃かと思うので一言、「王様の耳はロバの耳」と叫ばせてもらいます。

実は少々被告の内実を知る立場にあり、「あの先生ならさもありなん」と書類送検されたときに思ったのです。評判の藪医者なモンですから。近所のショッピングセンターのパートおばさんたちですら、「あそこにゃかかるな」といいあっているとか。
裁判長の判決は「何だコリャ」てなものですが、過誤があってもぜんぜん自覚していない可能性は十分ある方です。なので、この件に関してはあんまりかばう気になれません。

>山口(産婦人科)
庇う必要はないですが、判決が不当であったりおかしな物であれば判例として残ることで産科全体の問題ですので正しい情報と公正な裁判を望みます
個人の個々の問題とは別個に考えるべきでしょう

福島県の産科医も福島地裁の片岡検事様のお身内が前置胎盤で入院される事があっても内心はどうあれちゃんと診療するでしょうしね(笑

すみません。だから黙っているつもりだったんですが、秘密にするというのは難しいものです。ついしゃべりたくなってしまいました。

 刑事告訴の方の判決が出ました。求刑罰金50万が無罪と言うことです。司法解剖の結果子宮頚管裂傷があったのを見落とし、出血性ショックにつながったと検察が主張。判決は出血状況や他の医師の証言を元に「子宮頚管裂傷を認めるには合理的な疑いがある」すなわち「裂傷を前提とした過失の主張は理由がないとした」
 もう一つ「輸血の手配や、大病院に搬送する義務を怠った」という検察の主張も「早期輸血、大病院への転院があったとしても出血原因が解明できなかった当時の状況を考えると、死亡を確実に避けられたとはいえない」と退けました。
例によって遺族のコメントは感情?き出し。「納得できるはずがない。なぜ亡くなったのか、妻に報告できない」だそうです。(参考:朝日新聞名古屋本社版)
 評価は以前書いたとおりの事情があるので、コメントを避けます。

P R

ブログタイムズ

このエントリのコメント