エントリ

 所沢市の防衛医大病院で01年、心臓付近に針を刺してたまった水を抜く心のう穿刺(せんし)の処置を受けた男性(当時48歳)が急死した医療事故で、さいたま地検は29日、業務上過失致死容疑で送検された当時の主治医(37)と指導医(41)を嫌疑不十分として不起訴処分にした。

 地検はさいたま検察審査会の不起訴不当の議決を受けて再捜査していた。

 審査会の議決書などによると、同病院血液内科にいた主治医と指導医は01年10月23日、白血病だった男性に心のう穿刺を施した。その際に男性がけいれんを起こし、主治医は誤って心臓に約1センチの傷をつけ、男性は循環不全で死亡した。審査会は心のう穿刺は「専門の循環器科医に依頼すべきだった」などと指摘したが、地検は「基本的な手技で高度な技術や経験は必要ない」としていた。

 事故を巡っては、県警が04年2月、主治医と指導医を業務上過失致死容疑などで書類送検。同地検は05年3月「刑事責任を問うほどの過失ではない」と不起訴処分にしたが、遺族の申し立てを受け、審査会は06年3月、不起訴不当を議決していた。
 不起訴処分について遺族は「残念です。言葉がみつかりません……」と震える声で話した。

 検察審査会の不起訴不当の議決にかかわらず不起訴処分を維持した事例の紹介です。

| コメント(6) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yabelab.net/mt4/mt-tb.cgi/1714

コメント(6)

ここでもマスコミは、医者=悪としていますね。
しかも、
>不起訴処分について遺族は「残念です。言葉がみつかりません……」と震える声で話した。

最後の「震える声で話した」と言うところに世間の同情を買おうと必死なマスコミの姿勢が見え隠れします。

マスコミにとって、医師は常に金持ちで傲慢でミスを隠蔽しようとする卑怯な悪者ですからね。そして、真実に関係なく「医療ミスだ!」と騒いだ者は被害者であり、弱者であり、正義ということになっています。それに便乗して医療バッシングに血道をあげる法律屋ともども、どうしようもない連中としか言いようがありませんね。

>不起訴処分について遺族は「残念です。言葉がみつかりません……」と震える声で話した。

バイアス判決で負けた医師も、きっとインタビューすれば震える声で話すんでしょうけどね。絶対に書かないでしょうが。

記事は相変わらず情報不足ですが、必要のある手技での過失であれば不起訴は当たり前だと思います。そうしなければ怖くて心嚢穿刺なんてできません。

むしろ心嚢穿刺に失敗した際の体制がとられているかどうかの方が問題ではないでしょうか?例えば心嚢穿刺失敗で緊急手術が必要になることがあります。その体制が取れているかどうか。
しかし、現実にはそんな病院、大学病院か大病院くらいしかありません。
以前、とある心臓外科のない病院の外科で癌転移検査を目的とした心嚢穿刺を施行した患者症例に対し「心臓外科が無いので心嚢穿刺はしないでください」でコメントを書いたら外科部長から大目玉食らいました。こう書いて、問題が起きたら訴えられたら負ける、と。現実にはこういう病院は多いです。確かに、診断のためにいちいち別の病院に回すなんて非現実なことは出来ませんよね。

とにかく、やむを得ないことで部外者からとやかく言われたくない、というのが医師の本音です。

>こう書いて、問題が起きたら訴えられたら負ける、と。現実にはこういう病院は多いです。

「失敗を罰する文化は失敗を助長する」の典型例ですな

>01年10月、男性の心臓と周囲の膜の間にたまった水を抜くため、
>膜に針を刺して水を吸い取る「心嚢穿刺(しんのうせんし)」の手術を実施した際、
>過って心臓に針を刺し、男性を死亡させた疑い。また、死亡診断書には
>「病死及び自然死」に丸が付けられており、死因を偽った診断書を作成した疑い。

とあるみたいですが、医師が死因を偽ると言うことは考えにくいですね。
合併症で亡くなったという判断なのでしょうか。

P R

ブログタイムズ

このエントリのコメント