エントリ

 緊急かつ高度な治療が必要な母子への対応を目的に、国が全都道府県で整備を目指す「総合周産期母子医療センター」が未整備の8県のうち、4県では計画が策定されておらず、残る4県でも08年3月の整備期限内に完了する見通しが立っていないことが21日、毎日新聞の調べで分かった。奈良県大淀町立大淀病院で意識不明となった妊婦が搬送先の病院で死亡した問題で、産科医療の体制不備が浮き彫りになっており、国は早急な対応を迫られそうだ。

 国は04年の「子ども・子育て応援プラン」に基づき、08年3月までに総合周産期母子医療センターを整備するよう各都道府県に求めている。現在、秋田、山形、岐阜、奈良、佐賀、長崎、宮崎、鹿児島の8県が未整備で、各県の担当課に計画の進ちょく状況や県外搬送数などを取材した。

 8県のうち、岐阜、佐賀、長崎、鹿児島は特定施設を同センターに指定する方針で、交渉などを進めている。他の4県は(1)新生児集中治療室9床以上(2)母体・胎児の集中管理治療室(MFICU)6床以上−−などとする国の方針を満たす施設を整備する計画自体がなかった。

 8県の未整備の理由としては、「看護師の確保が困難」(奈良)のように要員不足が多かったが、「県内の面積が広く、交通事情も悪い。県内6カ所で受け入れる現状の方法で効率は上がっている」(宮崎)との声もあった。また秋田県は「MFICUを既存の病院に3床設ける予定で、これまでの実績から国の方針と同程度の機能を有するものになる」としている。

 一方、県外への母体の搬送数については、奈良県が04年で37.19%、長崎県が05年に1例、鹿児島県が「基本的にない」としているほかは、いずれの県も把握していなかった。

 厚生労働省母子保健課は「今回の奈良県のような問題が再び起きないように、早急に整備してほしい」と話している。【まとめ・今西拓人、河内敏康】

 奈良県は最も立ち遅れている県の一つのようですね。

| コメント(4) | トラックバック(1) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://www.yabelab.net/mt4/mt-tb.cgi/1792

こんにちは!保険@情報ナビです。求職活動(認定要件)というのがあります。失業認定がされる要件として、「失業」状態にあるということに加えて、「求職活動」を所... 続きを読む

コメント(4)

整備することは結構ですが,すでに産科医が逃散しつつある中で箱物だけ作っても中身が伴わないのでは「仏作って魂入れず」に終わりそうですね.
産科医も小児科(新生児科)医も麻酔科医も24時間働けるだけ集めることは今となってはほとんど不可能ではないでしょうか...
行政と司法が,失敗を顧みて大きく方向転換しない限りむなしい「掛け声」に終わりそうです.
箱物に浪費して出費が増えるだけにならなければよいですが...

 この手の施設建設は県毎にと言う発想をいい加減にやめて欲しいものです。やるとすれば人口と移送距離から設置基準を考えるべきでしょう。

また、
、「県内の面積が広く、交通事情も悪い。県内6カ所で受け入れる現状の方法で効率は上がっている」(宮崎)

 こういう発想は歓迎です。ただ、宮崎に充分数の産科医、小児科医、麻酔科医がいることが前提となりますが・・・

> No.2 僻地外科医様
 たしかに,「目安として」にしか役に立ちませんよね,都道府県単位って。
 私の住んでいる北関東某県には医大が2つ。最近確かその周産期関連の施設が(少し前から片方はあったので)もうひとつの医大にもできた,そこまではよかったと思うのですが……。
 申し訳ないけれど,意味あるの?って思ってしまいます。だって……
 その両方の医大,どっちも似たような(直線距離で15キロないと思います)位置にあるんですもの。

>>No.3のkobitoさん
それ何てかんぴょうの産地?w

P R

ブログタイムズ

このエントリのコメント