エントリ

町村先生の「juge藤山雅行裁判長のお話」において紹介された藤山裁判官のお考えについての意見を少し述べてみようと思います。
 ただし、町村先生のエントリは、町村先生がお聞きになった藤山裁判官の講演内容を要約したという体裁をとっており、つまり伝聞になっていますので藤山裁判官の発言の正確性については若干問題がありますが、要約の的確性は十分保たれているものとして意見を述べさせていただきます。

被告医師側が、原告側の主張は特定不十分だから明確にせよと求釈明するに終始して具体的事実経過を説明しようとしないと、具体的事実関係が明らかにならないまま、原告敗訴の結論だけが出る。

 紛争解決レベルの問題として以上のような指摘があります。
 これは勝敗にこだわれば主張立証責任を利用して勝訴するための被告医師側の戦術としてありうるところです。
 そのような医師側の戦術に対して藤山裁判官は

その上で、被告医療側代理人には顛末報告義務の訴訟上の実践として、診療経過の具体的説明を強く求めていた。  正しい医療が行われていたのであれば、そのことを堂々と主張すればよいし、仮に間違った医療が行われたのであれば、その原因を明らかにしてどうすればよかったのかを考えることが、その是正を図る絶好の機会でもある。訴訟の場もそのような機会の一つだというわけである。

と述べて医師側からの(必ずしも主張立証責任に従わない)情報開示と医療の正当性の主張を求めています。
 これは、医師側に訴訟の勝敗を度外視した職業的倫理観の発露を訴訟の場でも発揮することを期待している発言と解することができます。
 これに対し、このブログで発言されている医師(と認められる方)の多くからは、情報開示と正当性の主張については積極的に行おうという姿勢が感じられます。代理人弁護士としては不安を感じる人が多いと思いますが。
 これが高度の倫理観の表れなのか単なる法律的無知によるものかは断定できませんが、少なくとも医師側からは医療行為というものをもっと理解して欲しい、という切実な欲求とともにその欲求が司法側(特に裁判官)に理解されないという深い絶望感が伝わってきます。

 この絶望感をさらに深めているのは、医師側からの情報開示によって医師の刑事責任が厳しく追及される場合があることだろうと思います。

 民事関係における問題については、民事訴訟において医師側を敗訴させる判決について、敗訴した当事者医師だけでなく、多数の臨床医師が到底納得できないという理由が述べられた判決が散見されるという点が大きな原因だと思われます。
 ここで原告(患者側)勝訴率が低いと言ったり、トンデモ判決は少数であると言っても、医師側に対してはほとんど何の説得力もないようです。
 医師にとっては制度論的な統計資料ではなく、自分の生活を脅かす深刻かつ重大な脅威に感じられるからでしょう。

 刑事の面で重要な事件は、いうまでもなく福島の大野病院でしょう。
 この事件については、医療側としては被告医師の逮捕以前に最大級の情報提供を行い、十分な説明と主張を尽くして警察・検察の理解を得られていたはずだと考えていたのではないでしょうか。
 しかし警察はあまりにもセンセーショナルな形で医師を逮捕し、検察は起訴しました。
 私自身としてはこの事件で逮捕の必要性があったとは思えませんし、警察の逮捕は当然検察の了承のもとに行われたと考えていますので、警察検察の共同責任として不当逮捕の疑いが極めて強い事案だと思っています。
 最大の皮肉を込めて、私はこの事件ほど一罰百戒効果が発揮された検挙事件を知りません。

 このような(医師が認識しているところの)状況を前提にして、「正しい医療が行われていたのであれば、そのことを堂々と主張すればよい」と言うのは、状況認識に誤りがあるのではないでしょうか。
 藤山裁判官の考えは、「司法は信頼に値する」または「司法は信頼されるべきである」ということを前提にしていると思われますが、すでに医師側からのコメントから明らかなように、問題は、「医師が司法を信頼していない」ことにあります。

 信頼していない、または信頼を失った相手に対して、ただ単に「俺を信頼しろ。」と言っても無意味です。
 信頼のない相手から信頼を得ようとすれば、信頼を得られるように努力すべきことになります。
 日本の憲法秩序上、司法は最も信頼に値する国家権力と位置づけられています。
 言い換えれば、国民の信頼なくして司法は機能しないということです。
 司法が医療側の信頼を完全に失うことになれば、医療過誤事件について司法は十分な機能を発揮できないことになります。
 
 なお、ここで誤解のないようにしていただきたいのは、司法に対する信頼と敗訴当事者の不満とは別だということです。
 当事者は敗訴という一事をもって不満ですが、問題は判決を読んだ第三者がどう思うかです。
 ここでの問題は、いくつかの医師側敗訴判決を読んだ多くの医師が納得しない現実があるということです。
 そしてその結果としての医療崩壊という現実が進行しているということです。

 司法側からすれば、医師側の不満や信頼感の喪失は、医師側の司法に対する無知・無理解が主たる原因である、という意見が提出可能です。
 私も司法側の一人として、その意見を完全に排斥するものではありません。そういう面もあるとは思います。

 しかしだからといって、裁判官が「俺に従え」というだけであったならば、何の問題解決にもなりません。

 やはりここでも私の従来からの主張を繰り返すことになります。

 双方が相手の主張に耳を傾け、相互理解の努力を積み重ねるしかない、ということです。

 しかしここで医療側と司法側は対等ではないということに留意すべきです。
 司法という場で医療側と司法側とを対比した場合、医療側はどこまでいっても裁かれる側であり、司法側特に裁判官は裁く側です。
 その意味で、司法側により多くの謙虚さが求められると考えます。

 ただし、医療の場に目を移すとどうなるかと言いますと、裁判官と言えども病気になれば患者の一人です。
 病気に対しては法律知識も司法の権威もまったく無力です。
 頼りにするのは医師だけであり、医師を信頼するしかありません。

 少し長くなりました。
 以降は、追記または別稿に続きます。

| コメント(25) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yabelab.net/mt4/mt-tb.cgi/2081

コメント(25)

 モトケンさん、とても心にしみいる文章でした。ここに来られる司法関係者は別として、一般的な司法関係者は町村先生のような考えでしょう。そう思うと絶望感で一杯でしたので一条の光を見た気がします。


>医師側からの(必ずしも主張立証責任に従わない)情報開示と医療の正当性の主張を求めています。医師側に訴訟の勝敗を度外視した職業的倫理観の発露を訴訟の場でも発揮することを期待している発言と解することができます。

 
 私も藤山裁判官のお話で一番疑問だったのはこの部分です。

 現在の司法では一般と同様に扱い医師を特別扱いしていない。それなのにどうして職業倫理を持ち出して必ずしも主張立証責任に従わない情報開示を求めるのか?です。一般よりも高度な倫理観、情報を求めるなら、一般とは別の枠組みが必要なはずです。

 所詮勝敗を決める場で、真実が明らかになることは絶対にないでしょう。双方自分に不利な点は争点にしないし、事実を提出することもない。そんな状況でいくら審判が優秀でも真実が明らかになるはずがない。

 医療事故・過誤で一番大切なのは、やっぱり再発防止ではないでしょうか。医療・過誤事故は絶対0にはできない。でもそれを限りなく0に近づける努力が重要です。そのためには事実の認定、医療事故・過誤にあった患者さんの救済、医師の処罰をそれぞれ分離して行う特別な枠組みが必要だと思います。

 

モトケン様、いつも楽しく拝見させていただいております。
いまや(とっくの昔に?)絶滅危惧種の産婦人科医です。

医療側、司法側双方の気持ちを汲み取った、非常にすっきりとした分かりやすい現状認識で、大変感銘を受けました。


元研修医様がおっしゃられているように、
>医療事故・過誤で一番大切なのは、やっぱり再発防止ではないでしょうか。医療・過誤事故は絶対0にはできない。でもそれを限りなく0に近づける努力が重要です。そのためには事実の認定、医療事故・過誤にあった患者さんの救済、医師の処罰をそれぞれ分離して行う特別な枠組みが必要だと思います。

というところが結局現時点での結論なんだと思います。
どうも種々のブログでの意見や、マスコミの論調は周回遅れな印象を持ちます。

航空事故調査委員会に相当する医療事故調査委員会的な物が早く出来ればいいと切に願っています。分娩時の無過失保証制度が取っ掛かりとなって話が進んでくれればと思っています。

毎日お産に立ち会うたびにロシアンルーレットをさせられている気分です。

 確かに元検事さんも主張されている様に、医師達はは藤山裁判官を一切信用していません。科学的根拠を無視する暴論だと思っています。
 その理論で藤山裁判官が医師になり、産科医療は外科医療を連日連夜ほとんど眠れない過労死寸前の状態で1年間やってみれば良い。科学を無視するのであれば危険な医療から撤退逃散あるのみだ。

久々に投稿します。 町村先生のブログを、ざざっと見てみましたが、こちらの論客が大挙押しかけたって感じで、町村先生もさぞかしビックリなさっている事でしょうね。

私は思いますが、医師は、なぜ、そんなに医療訴訟を怖がるんでしょうかね。

自分で一生懸命の事をやっていれば、それで仕方ないのですから、それでクレーマー患者に訴えられたって、「ああ、クレーマー患者に引っかかっちゃった」ぐらいに思っていれば良いんじゃないでしょうかね。

大野病院の件にしても、検察が動いたのですから、それ相当の理由があったはずです。この26日(でしたっけ)には公判が始まるらしいですから、どんな応酬がなされるか注目ですが、結局,良いの悪いのは時の運みたいな所もある訳ですから、そりゃ,冤罪もありますが、私は今でも、検察とか裁判所とかを信じたいですね。

まあ、馬鹿な裁判官、検察官も居るでしょうが、それは、それこそピアーレビューでもって自浄的にそうした人を排除するシステムを、法曹でも築いて欲しいと思います。

互いが非難しあうんじゃなくて、互いを慮って、歩み寄る姿勢が大切じゃないでしょうか。

>>No.4 産科医−1 さん
さすが医者天国の時代を生き抜いてきた方のおっしゃることはひと味違いますね。

>「ああ、クレーマー患者に引っかかっちゃった」
そんなことで前科者にされたら怖いと思うのが普通では。

>医師は、なぜ、そんなに医療訴訟を怖がる
それは大野病院での事件で児のリスクに、通常の予定帝王切開のレベルのリスクだけしか説明していないにも関わらず、小児科医がいなかった事は非常識だとか鑑定に書きそうな医師がいるからとも。
検察から提出される鑑定に要注目です。

まあ、一度逮捕なり提訴されれば気づくと思いますが・・・。

日本人は痛い目に遭わなければわからないと言いますが、言い得て妙ですね。

ほんの少しでも自分が逮捕される可能性を考えることはないのでしょうか。
それとも逮捕されても正しければいいのでしょうか。延命中止のスレでは抜管しますと書きました。それは自分の中での覚悟があり、そこで訴えられることはあっても致命的な社会的ダメージを追わないと僕には楽観的に思えるのです。
しかし、救急なり手術中の突発事故で自分が100%正しく対応できるはずもない。自分が逮捕される可能性を大きくなくても考えざるをえない。そんな逮捕のされ方は嫌だ、と理屈でなく僕は感じます。この間、挿管に少しとまどりました。結果が悪くなったら逮捕されるかと頭をよぎりました。恐れを共有できなければ意見が異なるのも当然なんでしょう。 

あらら、チョットの間に、沢山のコメント、流石,モトケンさんのブログです。

私は、「医者天国の時代を生き抜いてきた方」の端くれかも知れませんが、時代錯誤と言われようが、医者天国と言いますか、医者と患者とのそうした関係を、も一度再構築したらとおもうのです。

それには、己を無にする事が必要でしょう。互いが無になり、その結果、有が生じて来る。

>謹慎明け さん
このブログには、 紫色の顔の友達を助けたい、と仰る方もおいでます。この方のお話を伺うと、大変なご苦労青をなさっておいでますが、こんな事を書くと語弊があるかと思いますが、それはそれで、この方の定められた生き方なんじゃないかなとも思うのです。紫色の顔の友達を助けたい、さんは、そんな機会をバネに、頑張っていらっしゃる、それで良いんじゃないのかと思ったりもします。

まあ、普通に医師をしている限り、まずは逮捕なんてされるはずはありません。もし,間違って逮捕されたとしても、それを機に、より大きく、中医、大医、となっていく、それが正義であると思います。

 たしかに実際に今まで何人の医師が医療過誤を理由にして逮捕されたのかを考えますと、そしてその中でトンデモ逮捕が何件あったかと考えますと、それほど心配する必要はない、と私も思うのですが、福島事件の一罰百戒(一罰百壊?)効果は絶大だったということでしょうか。

 モトケンさん、一罰百戒の効果抜群だったと思います。というかそれは、医療食以外の方にとって想像できませんか?

 地域医療を一手に担い休む暇なく、日々命を救うために休みもとらず誠心誠意つくし、当確の事件についても、地域性や現代の医療レベルを考えて最大限の事を行ったのに

 患者さんの前で手錠をかけられ、白い袋で顔を覆われ、極悪犯罪者のように逮捕された。そしてそれを全国に報道された。


 これって、普通のことですか?司法は100%でないので想定範囲内のことですか?

 産科医ー1さんはご自分の御主張のように生きられたらよろしいかと思います。ご自分が逮捕されてもそれをバネに頑張るという事で。

 でもそれを一般的な医師に求めるのは無理だと思います。

逮捕まではまだ行ってないようですが、「警察が捜査に着手」ネタなら、また今日も

2007/01/17-21:13 胆のう摘出の女性死亡=手術後、大量出血−業過致死視野に捜査・警視庁
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007011701010
> 東京都町田市の無職の女性(65)が、渋谷区千駄ケ谷の「代々木病院」で、腹腔(ふくくう)鏡を使った胆のう摘出手術を受けた後、容体が悪化し、死亡していたことが17日、分かった。警視庁原宿署は、手術ミスが原因で死亡した可能性があるとみて、業務上過失致死の疑いを視野に、捜査を始めた。

>元田舎医さん
それはつまり、異状死と届け出て、警察が司法解剖したという事でしょうか

ちなみに医師法21条ですが、ぐるぐる回っちゃっている印象です

1.医師法21条ありき
2.日本法医学会が異状死ガイドラインを策定
3.国立大学医学部付属病院長会議と国立病院課があいついで「医療過誤、又はその疑いがある場合には速やかに所轄警察署に届出を行なう」とのガイドラインを策定
4.警察、裁判所はこのガイドラインを根拠として使用する
5.大野事件

と言う事みたいですね。立法府の問題あり、行政の問題あり、医療界の問題あり、司法の問題あり、盛りだくさんというような感じです。

参考URL
http://www.nishijimahidetoshi.net/report/detail.php?RN=285

>>No.13 しま さん
いや、私も上の情報だけではその辺の状況がさっぱりわからんです。

♯それにしても毎度毎度シブいURLを教えてくださる しまさんの検索手腕には恐れ入ります。実は毎回しまさんが探してるんじゃなくって、有能な秘書が30人ぐらいいるとかいうオチではないかと密かに考えております。

>元田舎医さん
お褒めの言葉、ありがとうございます。

検索の方法としては、欲しい情報があったら、該当しそうなキーワードを細切れにして取りあえずgoogleに掛け、収拾がつかなければキーワードをつなげて再度検索してみます。

「自分の欲しい情報はどこかに必ず転がっている」と念じるのがコツかも知れません。

>No.14 しまさん
試しにある県の、患者さんが1人/日程度の頻度で亡くなる規模の医療機関が4,5個集まって、院内の全死亡例を異常死として警察に届け出たらどうでしょうか?
病院に入院している方は全員何らかの医療行為を受けている訳であり、当然その死亡には医療行為が関与している可能性がある訳ですから、警察は捜査せざるを得ないでしょう。
しかしながら、現実にはマンパワー的に不可能です。司法解剖まで行なうとなればかなり大規模な捜査になるでしょうし、それが毎日何例も立て続けに起これば、それだけでその県の警察機能は完全に麻痺するでしょう。
現在、医師法21条の問題は我々医療従事者にとっては日常診療を大きく左右する重大問題であっても、警察や司法関係の方には所詮机上での言葉遊びにすぎません。
あらゆる問題は、解決する権限を持った人たちの身に直接困難をもたらさない限り解決しません。
そのことを前提として、そろそろ医療側が強行手段に出てもいい段階と思いますがね。

>つくねさん
医師出身である西島議員が医師法21条に関して以下のような認識を持っている以上、医師の間でバックアップするような行動も必要かと考えますが、いかがでしょうか。

----------
このような状況なのに国がこの異状死体に対する定義、判断を野放してきた結果、今回の混乱があるのであり医師法21条の改正若しくは解釈を含めた検討を早急に、と大臣に質問し「外国の事例もあり、この21条問題をしっかり議論していかなきゃならない時を迎えていると、こういう認識をいたしております」との答弁を得ました。
----------

No.17 つくねさん

>そろそろ医療側が強行手段に出てもいい段階と思いますがね。

私も同様なことを考えました。何しろ、純然たる病死以外は異状死であるなどという主張がなわれているくらいですから。

http://www.iryo-bengo.com/general/press/pressrelease_detail_2.html

そもそも、病気で治療を受けた場合、その治療が生命予後によい影響を与えたか、悪い影響を与えたか、たぶん前者であろうことが大多数なのでしょうが誰にも証明できないはずです。純然たる病死などというのはありえないことのはずです。

このような医療行為への無認識を打開するためにも、また不当な言いがかりからの防衛のためにも死亡者は全例警察に届けるべきです。

>私は思いますが、医師は、なぜ、そんなに医療訴訟を怖がるんでしょうかね。

別角度から反論してみます。
産科医−1さんがどのような勤務状況なのか判りませんが、多くの勤務医は自分のプライベートの時間を削ってまで診療に従事しています。
逃散が進む中でも未だに頑張っているのは、自分が必要とされていると思うからです。
だからこそ、睡眠時間をとれなくても頑張っているのです。
それだけ貴重な時間を、訴訟はどれだけ奪うと思っているのでしょうか。

> No.9 産科医−1さん
普通にやっていても逮捕される可能性があるからこそ多くの医師たちは恐怖に感じているのです。それとも普通というのは、100%完璧であるということでしょうか?仮に100%完璧にやっても多くの医師は医療事故は起こりうるものと理解していると思います。実際にはそうではなく、いろいろな理由(診断の不確実性、技量不足−どんな医師でも最初は素人です、人間であるが故の勘違い・うっかりミス、患者の体の事情、保険診療の事情、システムの未構築)から100%完璧な医療を行うというのは不可能であると思いますし、少なくとも臨床に従事している大半の臨床医はそれを実感しています。
警察の医療に対する理解のレベルがあまりにも低いと言うことが福島の事件であらわになりました。仮にあなたの意見が正しいとしたら大部分の医師の思っていることがそもそも間違っているのでしょうか?

> 間違って逮捕されたとしても、それを機に、より大きく、中医、大医、となっていく、それが正義であると思います
逮捕されれば例え正義であっても左遷は免れないでしょう。そんな待遇を受けてまともでいられる方はどれくらいいるでしょうか?よほど逆境にもめげず正義感の強い方ならいざ知らず、普通の医師なら精神的に参るでしょう。医師だってただの人間です。

司法や検察を信頼するとか出来るようにするって言ってるけど、
ほんと馬鹿じゃ無かろうか。
もし日本の司法に正義があるとか本気で思ってるなら
なんで検察の裏金づくりを告発した検事がマスコミにでる前に
逮捕されるんだ。

日本の司法制度は間違いなく腐ってます。それに従事してる奴も同様。
医者に出来るのは逃散だけです。

なんでもいいけど要するに検察だろうと裁判官だろうと医療的知識がないのがいけないんだろ?

医学部6年+初期臨床研修2年くらいでいいから最低限の医療に従事したことのある裁判官の判決なら喜んで従うが。

それ相応の覚悟もないのに人の畑で大暴れしてる糞裁判官が最近多くてこまるなw
司法試験通るくらいのドタマもってるんなら国公立の医学部なんて余裕だろうし、さっさと出願してきてくれwww

 簡単に切り返しが可能なコメントは面白くありませんな。

まして悪意だけで実現可能な建設的提案を伴わないとなれば尚更です。

P R

ブログタイムズ

このエントリのコメント