エントリ

 救急医療の現場で延命治療を中止する手順についてのガイドライン案を、日本救急医学会の「救急医療における終末期医療のあり方に関する特別委員会」(委員長・有賀徹昭和大教授)がまとめた。患者の人工呼吸器を取り外す手続きなどを示すもので、これまで個別の病院や医師の判断で治療を中止し、刑事責任を問われることもあった医療現場にとって、初の指針となる。「家族が治療中止を判断できない場合は医療チームが判断できる」とするなど踏み込んだ内容なだけに、論議も呼びそうだ。

 同学会には、全国の救命救急センターや集中治療室などで働く救急医ら約1万人が加入。ガイドライン案は、19日に東京都内で開かれる学会社員総会にかけ、ほぼ提案通り可決される見通しだ。

 終末期医療をめぐっては、日本医師会が昨年2月にまとめた報告書で、積極的な延命治療を中止する「尊厳死」を容認。しかし判断基準などは示されず、秋田赤十字病院(秋田市)など個々の病院の独自の指針があるだけだった。救急医学会は、不意の事故や急病の場合は患者・家族の意思が確認できないケースが多いことから、救急現場で使える全国的な指針が必要だと判断した。

 ガイドライン案は、終末期を「妥当な医療の継続にもかかわらず、死が間近に迫っている状態」と定義。妥当な基準で脳死と診断された場合や、積極的に救命をしても数日以内での死亡が予測される場合、などをあげた。主治医を含む複数の医師、看護師らによるチームで判断する。

 そのうえで、家族に救命の見込みがないことを説明。リビングウイル(生前に意思表示した書面)などで患者本人の意思を確認できるか、家族が本人の意思を代弁できる場合は、その意向に従う。引き続き積極的な対応を希望していれば治療を維持するが、それ以外なら治療中止を認める。

 また、「家族の意思が明らかでない場合や家族が判断できない場合」として、家族の納得を前提に、医療チームが治療中止を決めることができるとした。チームで判断できない場合は、医療機関の倫理委員会で検討することを求めている。

 治療中止の方法は、人工呼吸器など生命維持装置の取り外し、薬剤投与の中止など。「積極的安楽死」とみられる薬物の過量投与や筋弛緩(しかん)剤の投与の行為はしない。また、チームの方針決定や治療過程などの経緯を可能な限り詳細に記録に残すことを求めている。

 ガイドラインには、治療を中止した医師が患者を死亡させたとして刑事責任を問われることを防ぐ狙いもある。有賀委員長は「ガイドラインに沿った行為なら、仮に医師が刑事訴追を受けたとしても、学会として間違った行為ではないと主張していく」としている。

| コメント(4) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yabelab.net/mt4/mt-tb.cgi/2235

コメント(4)

メモというわけでもないんですが、以下のくだりに目がいきました。

 ガイドラインには、治療を中止した医師が患者を死亡させたとして刑事責任を問われることを防ぐ狙いもある。有賀委員長は「ガイドラインに沿った行為なら、仮に医師が刑事訴追を受けたとしても、学会として間違った行為ではないと主張していく」としている。

2点感想があって、このガイドラインの策定には法曹や警察が参加しているのかと言うことと、もう1点はこのガイドラインが広がっていけばいいなと言う思いです。

学会として全力でその医師を守る、というくらい宣言してほしいです。
もし刑事事件として逮捕されたりして、釈放条件にあの大野事件の時のように、医療関係者との接触禁止とかいう条件がついたら、医師としての仕事自体ができなくなる上に、医師としての能力の維持さえ難しくなってしまう。
金銭的な生活面から医師という職業上の能力維持まで、全てにわたって学会は支えるというくらいやってくれないと、、、

主張するだけなら、サルでもできる。

>・・・「家族が治療中止を判断できない場合は医療チームが判断できる」とするなど踏み込んだ内容・・・

家族皆に判断力がないという事を、どうやって判断するのか、ということは問題になりそうですね。消極的安楽死が完遂し、「ご家族の皆さんご苦労様でした」と話していたら突然今まで来院したこともなかった遠い親戚が駆け込んできて「俺は認めない!」と叫べば、結局面倒なことになります。
万一のそういう事態を想定してしまうと、やはり怖くて人工呼吸器外せません。このガイドラインが形骸化しなければ良いのですが。

ただ、長期的に徐々に消極的安楽死を肯定する世論が形成される事を狙っているのかな、とも思います。

No.1 しまさんのコメント について、

私は救急医学会のガイドラインでよいと考えます。先ずは、自らの手でガイドラインを作成し、進めることが重要と考えるからです。正しいガイドラインであれば、多くの国民(市民)の賛同を得られると考えます。警察、検察がガイドラインについて意見を述べることは出来ないと考えます。刑事事件として捜査するか、起訴するかは、個別の事件についてのみ判断すべきと考えます。

嘗て医師は医療のみに専念すれば良かったと思います。人工呼吸器等医療機器を含め医療サービスが発展した結果、倫理面を含めて判断が必要となってきたし、人々の考え方も異なってきた。私は、実際に医療に携わっておられる方がガイドラインを作成することは医療サービスの正常な発展のためには好ましいことと思います。

P R

ブログタイムズ

このエントリのコメント