エントリ

 インフルエンザ治療薬「タミフル」の使用後に異常行動を起こした事例が新たに2例あったことが判明し、厚生労働省は20日、10代への使用中止を求める緊急安全性情報を出すよう、輸入・販売元の「中外製薬」(東京都中央区)に指示した。

 厚労省ではこれまで、タミフルについて「安全性に問題はない」としていたが、対応が必要と判断した。ただ、10歳未満については中止は求めず、これまで通り保護者に注意を呼びかけるとしている。

 厚労省によると、先月7日、昼と夜にタミフルを服用した10代の男児が、翌日午前2時ごろ、素足で外に走り出すなどした後、自宅2階から飛び降り、右ひざを骨折。また、今月19日にも、昼と夜にタミフルを服用した別の10代男児が、深夜に自宅2階のベランダから飛び降り、右足のかかとを骨折する事故が起きていたことが、20日、同省に報告された。

 今年2月には、中学生2人がタミフル服用後に自宅マンションから転落して死亡する事故もあったことから、厚労省では、タミフルと異常行動の因果関係については「否定的」との見解を変えないまま、“警告”が必要と判断した。

 これまでの事例から、異常行動を起こした場合、親などが制止しにくい年代の10代に対象を絞り、「原則として使用を差し控える」ことを求めている。10歳未満については、インフルエンザ自体による死亡事例も他の年齢層と比べ多く、タミフル服用の必要もあるとして、使用中止は求めず、これまで通り、インフルエンザと診断されてから2日間、目を離さないよう保護者に呼びかける。

 厚労省によると、昨年10月末現在で、16歳未満でタミフル服用後に死亡した事例は16例。また、17歳の事例1件も含め、異常行動後に転落死するなどした事例はこれまでに5件が確認されている。しかし、専門家が症例を検討し、因果関係に否定的な見解を示したことなどから、「現段階でタミフルの安全性に重大な懸念があるとは考えない」としてきた。21日未明に記者会見した厚生労働省の黒川達夫審議官は、「新たな事例が報告され、(安全性を)再度評価しなおし、注意喚起のレベルを上げようということになった」と述べた。

10代の服用「とりあえず控えて」…厚労省が苦渋会見(2007年3月21日2時7分 読売新聞 キャッシュ

| コメント(25) | トラックバック(2) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

トラックバック(2)

トラックバックURL: http://www.yabelab.net/mt4/mt-tb.cgi/2355

今日未明、厚生労働省が苦渋の会見を行った。 インフルエンザで、高熱が下がる特効薬ともいわれているタミフルの処方を10代は原則中止、と発表した。 ... 続きを読む

タミフルの不都合な真実?http://www.youtube.com/watch?v=bdIQM43os8Yhttp://www.youtube.com/... 続きを読む

コメント(25)

完全に禁忌にしちゃうと鳥インフルエンザが流行したとき困るといいたいのでしょう
普通のインフルエンザにはどうせたいした効果はないんだから
よほど体力が落ちてる人以外には投与しない方がいいにきまってます
でも 昨日も患者にどーしてもくれと言われて処方してしまいますた

ところで、タミフルですが、「世界的に見て、日本での使用率が異常に高い」という報道がなされていますが、この理由はおわかりになりますでしょうか。

また、海外では、通常のインフルエンザでは、どのような薬が使用されているのでしょうか。

もし、お指し使えなかったら、専門家のご意見をいただければ、幸いです。

成田の近くの住人さんへ
こちらのサイトにこうさつされていますよ。
一度、見てみてください。
http://satoshi.blogs.com/life/2006/11/post_7.html

>成田の近くの住人さん
インフルエンザの迅速診断が普及していて、即座にタミフルを投与できるというのも大きいのでしょうね。タミフルは発症後48時間以内に投与しないと意味がないらしいのですが、日本ではインフルエンザの疑いがある人は15分で確定できると聞きました。

もっとも、全てのインフルエンザ患者にタミフルが必要かというと、そのあたりは考察の余地があるのでしょうね。


タミフル関連は、読売の記事がまとまっているかも知れません

タミフル服用後の死亡例がなぜ日本で多いのか。

 理由として、FDAは「日本人が欧米人に比べ、副作用が出やすい体質という科学的な根拠はない」と断った上で、次の三つの要因が重なった可能性を指摘する。

 〈1〉インフルエンザ関連の脳症予防の認識が高い〈2〉迅速な診断が行われ、結果として治療薬を大量使用した〈3〉全国に包括的な監視体制がある。


http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20051119ik02.htm

10歳代の患者さんでも 階段を駆け上がれない、走れない 車椅子患者さんとか 呼吸機能が低い患者さんでは 積極的に使用せざるを得ないので あくまで「原則禁忌」であって 完全に禁忌というわけではない 状態に止めておいてもらいたいです。
寝込むのが 1週間続くと 回復に1ヶ月以上患者さんもいますので、
1日くらいで即効するような薬があるのは 非常にありがたいことです。

皆様、ありがとうございます。リンクを張っていただいたサイトも含めて、拝見しました。
大変勉強になりました。
薬好き?という日本人の特性が大きく影響しているようですね。
ところで、今回、厚労省が、インフルエンザが流行る、この段階で、注意を喚起したというのは、評価しても良いと思うのですが、皆様はどのようなご意見でしょうか。

タミフル?
十代なら脳症とかならなければ飲まなくてもなおるよ。
時間はかかるけど。インフルエンザってそういう病気。
いえでゆっくり休んでください。クスリいらないなら病院来る必要もないよね。
てかあの検査キット薬局やコンビ二で売ればいいのに。

タミフル?
私は飲みます。あんなよく効くクスリが目の前にあって高熱で
ウンウンうなるのは非合理的だとおもうし。

リスク?許容します。

リンクのコメントになかったことを、もう一つ提示させて頂きます。

今、問題になっているコンビ二急病診療所ですが、ここに押しかけて来た患者を迅速診断キットでインフルエンザと診断したら、タミフルを出さないと患者が納得しないのですよ。

急病診療所ですから1日しか薬は出しませんが、続きは明日以降、近医で処方される訳でして。。。。。

薬を出すのが良いお医者というのは日本人に根強くあるようです。
特に年配の方などは、症状が同じというだけで自分の薬の余りを他人に渡してしまう人も割りといますよね。
これって薬を薬以上のものとして見ている、薬に対して霊性を感じていて、何はともあれ薬、という無意識があるためじゃないかと思うんですが。

NEW23ではTBSの牧島記者が最後にとってつけたように 以前からインフルエンザの異常行動が小児科医には知られていたことを小声で補足してました
この予防線が活きる展開がそのうちありそうな気がします

まぁ、おいら自身インフルエンザになれば飲みますね。一応馬鹿の一つ覚えでコクラン共同計画によるレビュー。上が成人、下は小児に対する治療ですがあんまし強く勧めてはいないようです。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?db=pubmed&cmd=Retrieve&dopt=AbstractPlus&list_uids=16855962&query_hl=8&itool=pubmed_docsum
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?db=pubmed&cmd=Retrieve&dopt=AbstractPlus&list_uids=17253479&query_hl=8&itool=pubmed_docsum

問題はインフルエンザ接触後予防に使うかどうかですが、おいらは使いませんね。


なんといっても、インフルエンザに伴う下気道感染を3分の1に減らせるという効果は大きいと思う。

「どうせなら全面禁止に」という一般人の声をしつこく流すのは何か恣意的な目的があるんでしょうか。

 私はタミフル飲みません。使わなくて良い薬を使う感覚自体に問題を感じていますので。
 故に当直でインフルエンザの患者が来たときに使う言葉。

 「インフルエンザはタミフルを使わなくても普通の方は治ります。ご希望であればタミフルを処方しますが、新聞などでご存じの通り、異常行動などの副作用が出る可能性はあります。ただし、この異常行動はまだタミフルが原因と確定したわけではありません。いずれにせよ、使わなくても治るものですので、私は自分の場合ならば飲みませんし、飲んだこともありません。どうしてもご希望であれば処方しますが、リスクがあることは理解した上でお飲み下さい。」
 と、説明します。

 これで半々ぐらいかな、処方希望するのは。

私は(リレンザやシンメトレルの方が昔から好きですが、)タミフルのみます。
僻地外科医先生の言われたことと医学的内容はほぼ同じながら、使うことを推奨するニュアンスでムンテラします(私ならのみますと)。で、処方希望者は同じく半々。
飲みたいかどうかは、ムンテラするまでもなく決まっているのかもしれませんね。

そういう理屈って求めてないんだよね、外来患者って。

熱が出てつらいの。点滴して。すぐに治して。あしたでかける用事があるの。

そんな感じでしょ?

風邪ひき外来ってサイエンスじゃないんです。

> No.14 僻地外科医 さん
しばしばインフルエンザが原因の心筋炎が問題になります。はっきり言って発見時は手遅れで死ぬ可能性が高いです、この病気。
でもって、日本では「お医者さんは薬を出すもの」という認識があり、処方しないと特に開業医では「あの医者はヤブ」という噂から経営に影響が出ることもあると聞きます。
加えて日本では「あのときにタミフルを出さなかったら心筋炎にならなかった」として刑事訴訟に発展する恐れもあります。ちゃんと説明したって患者が聞き入れなかったら説明義務を果たしていないと言われるこの国ではタミフルを出すのが良い、というのも私はそれなりにうなずけました。
日本人の特性のみならず、やはりこうした法律面の影響もあるのでは?と私は踏んでいます。

タミフルについて別のエントリで私が発言した内容を張っておきます。感情的なタミフルを飲んで死亡した子供の家族が「なぜ厚生省は認めようとしないのか」と怒りをあらわにしていますが、科学的な調査を行わないとわかりませんよね?こんなこと。
自分の耳に入ってくるいろいろな話を総合すると個人的には因果関係はあるとは思いますが、当然統計学上nが小さければ(サンプルが小さければ)事実は見えてこない。マスコミもちゃんとこの辺を報道しないから「金で事実をもみ消した」と思われてしまうのです。疑うことは必要かもしれませんが、断定調で報道するのはいかがかな?と思います。家族の意見は意見で良いとして、問題はそれを客観的に報道できているか・・・マスコミの姿勢を問い直したいと思います。問題提起は必要だけど、感情論で世論を誘導するのは卑怯なやり方です。その点、マスコミは猛省していただきたい。


タミフルについて言えば、金を貰っているのだから悪いことは書かないと断定されていますが、本当にそうでしょうか。
答えは「わからない」です。私はタミフルを飲んで異常行動を起こし、やめたら収まった、しかし再開したら異常行動が出たという再現性を示した症例を聞いたことがあるので(自分で見たわけではないですが)タミフルが異常行動を起こすというのはある程度信憑性があると思います。しかし、この投与→中止→再開というのは科学的には必要でも医師もあまりやりたくないことであり事故が起きる危険性もはらんでいます。従って研究班がこのような科学的手法を用いて解析したとは考えにくいし、科学的に傾向有りとなっても統計学的に有意差が無ければ「根拠なし」と言っても間違いはないのです。どのような手法で解析したかはわかりません。論文が出ていればそれを見て判断する必要もあるでしょう。
従って現時点では「タミフルで異常行動は科学的根拠は無い」と言われても我々医療人はある程度納得せざるを得ないのです(個人的には上記のごとく、異常行動はある可能性が高いと思いますが)。
だから判断は数多くの報告を読んで考えるしかないと思います。

禁忌と歌われていてもそれは一部の観察から得られた結果でしかあり得ず、科学的に調査しているのかどうかはわかりません。従って私も添付文書はまさに「製薬会社の責任回避」以外の意味はほとんどないのと考えています。
結局頼りどころは論文しかないと思います(その論文が捏造だったらどうする?という問題はさて置き)。

先月初めてタミフルを服用しました。
いつもなら病院に行かず寝て治していましたが、今回は熱が恐ろしいくらい上がり続け、あまりにも苦しかったので、特効薬のお世話になりました。
実によく効く薬で驚きました。半日もしたら解熱剤もいらない、立てる状態になりました。
頭もやけにすっきりとしました。ところが、幻覚と幻聴があるのですよ、朦朧としてもいないのに、妙なものが見え変な音が聞こえる。気味が悪いので5錠で中止しました。
あと、眠気が飛んで夜眠れずに困りました。
覚せい剤みたいな働き方をするんじゃないでしょうか??
個人差があるでしょうし、私は小柄なので大きな人とは効き方が違うかもしれませんが、若くない私でもそうだったので、やたらと飲む薬ではないんじゃないかと思います。

高熱で苦しんでいて、合併症が出そうな人には服用を勧めたいですね。すごくラクになります。
脳炎になる人は減ってますよね。
(全部飲みきるように指示されましたが)熱が下がったらやめた方がいいんじゃないかと個人的には思います。

いかにリレンザを上手く流用するか、が大事でしょうね。
あと、麻黄湯もインフルエンザ初期に効きます。胸やけしますが。
(今日外来一人目が17歳のB型インフルエンザで、母親とも話して麻結局黄湯出しました。)

公害訴訟とは違うのだということの理解が、マスゴミには分からないんでしょうね

イレッサ騒動の時もそうだけれど、イレッサを早期導入しろ!という声をあっという間に副作用で怨嗟の声を上げる人たちで消し去ってしまいましたものね

薬というものが良い作用だけで副作用がないってことは普通はないのに、リスクの評価を正確に行おうとする精神に欠けているように思えるし、その理解能力がない国民を啓蒙しようという努力を放棄しているようにすら見える

イレッサを例にとると、
イレッサで間質性肺炎で死ぬのも苦しかろうけど、肺癌で苦しいのも苦しい

イレッサ事件があってから、”病気で死ぬのは許せるけれど、副作用で死ぬのは許せない”患者さんの心理を突いたお話をするようになりました。

リスク許容できない人には、リスクのある治療をしてはいけない
リスクを取らないリスクが理解できる人には、リスクを取らないのを選択肢として許す
(例えバカな選択肢であっても、愚行権を尊重する)
リスクを取らないリスクさえ許容できない人には、治療側がリスクを取る必要はないので、お引取り願う

非常に患者さんとの関係をスッキリさせる方針に最近はなってます


YOMIURI ONLINEより

インフルエンザ14歳男子、タミフル服用せず飛び降り

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070323i301.htm?from=main3

副作用と比して薬効が微々たるモノというような使えない薬はともかく、薬の副作用をあげつらうことで、その薬を必要とする人が、使いたいときに使えなくしてしまうことを危惧します。

日本のマスコミは付和雷同型ですから、どこかが指摘すると競争するように「本紙はここを斬る」「じゃあ本紙はこれも訴える」「うちはここまで糾弾する」というように煽り競争をしてしまうので、国民全体が集団ヒステリーや魔女狩りのようになってしまう。

副作用の無い薬はほとんど無いわけで、副作用の危険性さえ予め明示しておけば、それを実際に使うかどうかは、医師&患者の判断でやればいいことだと思いますが。

日本の場合、製薬の監督や医薬品の許認可と医療保険を同じところがやっているという問題点もありますが。

今回の一連のマスコミ報道を見ていると、「要するに、どうしたいのか」が見えてきません。

例えば、「タミフルの処方を全面禁止にしてほしいのか」、「タミフルと異常行動の因果関係を研究してほしいのか」など、よくわかりません。

仮に、全面禁止にした場合、鳥インフルエンザ等が流行した場合でも、大量備蓄しているタミルフルは使わないのか、インフルエンザで死亡するケースが出ても良いのか、などなど色々と検討する内容があると思います。

しかし、これで鳥インフルエンザが人に感染したといった話になったら、一斉に「なぜ、タミフルの備蓄が少なかったのか」、「政府や自治体は対策が不十分だ」と叩きまくるんでしょうね。

No.11,12 立木 志摩夫さん

>なんといっても、インフルエンザに伴う下気道感染を3分の1に減らせるという効果は大きいと思う。

 対象の患者さんの肺炎合併率によって、対応が変わってくると思います。例えば、2002−2003年のシーズンに、A型インフルエンザによる肺炎合併率の調べでは(臨床と研究2004;81:1614−1618)、0−15歳で0.14%、16−64歳で0.83%、65−79歳で2.06%、80歳以上で13.33%でした。肺炎の予防目的でタミフルを使うとしたら、80歳以上は文句なしに使用、0−64歳なら使うメリットを感じないというのが、臨床的な感覚ではないでしょうか。

 実際、健常成人でのタミフルの効果をみたRCT(Lancet 2000;355:1845-1850)では、タミフル使用群での気管支炎合併が5人(3.2%)、肺炎合併が0人に対し、プラセボ群では、気管支炎3人(1.8%)、肺炎1人(0.6%)で、下気道感染合併をタミフルで抑制できるという実感は得られないと思います。

P R

ブログタイムズ

このエントリのコメント