エントリ

社説:帝王切開判決 公正中立な医療審査の確立を(毎日新聞 2008年8月21日 東京朝刊)

 言うまでもなく、この毎日の社説は、20日の判決後のものなんですが

 「癒着胎盤」という極めてまれな疾患に見舞われたケースだが、判決は手術中の大量出血のおそれを予見したり、手術方法の変更によって「結果回避の可能性があった」と認定した。刑事責任は認められないが、最善の医療ではなかった、とも読み取れる内容だ。

 過失犯における回避可能性と回避義務の関係の問題は、この筆者には難しすぎるのかも知れませんが、分からなければ分かっている人に聞いてから書くべきだと思います。
 判決が、最善の医療とは何か、など判断していないことくらいは分かるだろうと思います。

 さらにこの社説は

 事故は産婦人科の医師不足が深刻化する中で起きたため、医師が萎縮(いしゅく)すると懸念する声が医療界に広がり、福島県警の捜査で産婦人科離れが加速した、と指摘された。日本産科婦人科学会などは「通常の医療行為で刑事責任を問われたのでは医療は成り立たない」と執刀医の逮捕、起訴を批判した。

 と指摘した上で

 しかし、こうした考え方が市民にすんなり受け入れられるだろうか。医師の資質を疑いたくなるような医療事故が繰り返されており、医療従事者の隠ぺい体質や仲間意識の強さ、学閥を背景にしたかばい合いの常態化などを考慮すれば、慎重な調査、検証は欠かせない。県警が異例の強制捜査に踏み切ったのも、社会に渦巻く医療への不信を意識したればこそだろう。(この引用部分を前段という モトケン)

 と書いてるんですが、強制捜査つまり逮捕の必要性は個別ケースの判断である、という当たり前の話を理解していません。
 医療側の批判に対して逮捕の正当性を主張するのであれば、本件における逮捕の必要性を具体的に論証しなければいけません。
 それを、「社会に渦巻く医療への不信」に求めるなんていうのは、単なる感情論です。
 ちなみに、この筆者は、このニュースを読んだ後でも同じことを書くのだろうか?

 続いて社説は

 もちろん、警察権力は医療にいたずらに介入すべきではない。刑事責任を追及する対象は、明らかな犯罪行為や常識からかけ離れた医療行為などに限定すべきだ。経験や技量の不足に起因するものは、民事上の損害賠償で償ったり、行政罰に処するのが先決だろう。結果として患者を死に至らしめたとしても、懸命に救命を図った医師に手錠をはめることが社会正義にかなうとも考えにくい。(この引用部分を後段という モトケン)

 このように述べるのですが、結局、この社説は、福島県警が加藤医師を逮捕したことをどう評価してるんでしょう?
 前段では、「医師の資質を疑いたくなるような医療事故」を引き合いに出して逮捕に理解を示しながら、後段では「刑事責任を追及する対象は、明らかな犯罪行為や常識からかけ離れた医療行為などに限定すべきだ。」という。
 筆者は、本件をどうみているのだろう。
 「医師の資質を疑いたくなるような医療事故」または「明らかな犯罪行為や常識からかけ離れた医療行為」と見ているのだろうか。
 見ているとしたら、その根拠は何か?
 判決では、加藤被告の医師としての資質に何ら疑問を投げかけていませんし、常識からかけ離れた医療行為であるとも認定していない。
 つまり、判決の認定を前提にすれば、加藤医師の逮捕は、筆者の後段の論旨に従えば、「社会正義にかなうとも考えにくい」ものであるはずです。

 こう読んできますと、この社説は逮捕の正当性に関する限り、支離滅裂の印象を受けます。

 結局、この社説は、何に基づいて何を批判したいのか?

 何度か読み返してみますと(最近、読解力が低下したらしく、一読して趣旨が読み取れない場合が増えました(^^;)、どうやら

 事故は産婦人科の医師不足が深刻化する中で起きたため、医師が萎縮(いしゅく)すると懸念する声が医療界に広がり、福島県警の捜査で産婦人科離れが加速した、と指摘された。日本産科婦人科学会などは「通常の医療行為で刑事責任を問われたのでは医療は成り立たない」と執刀医の逮捕、起訴を批判した。

 この医療側からの批判を批判したいみたいですね。
 そして、その批判の根拠は

 医師の資質を疑いたくなるような医療事故が繰り返されており、医療従事者の隠ぺい体質や仲間意識の強さ、学閥を背景にしたかばい合いの常態化

 ということだと思われます。
 実際にそういう事実があるかどうか、あるとしてどの程度あるかどうか、「医師の資質を疑いたくなるような医療事故」というのは具体的にはどの事件なんだろう、などなどいろいろ疑問が湧いてくる根拠ですが、医療側としてはそう思っている人がいるということは認識しておいたほうがいいと思います。

 実は、この社説は、医師逮捕の正当性に関するマスコミの論調についてのJ-CASTニュース経由で読んだもので、逮捕の正当性に関する記述の観点で読むと、支離滅裂の印象なのですが、表題の「公正中立な医療審査の確立を」という観点でなら、主張としての体はなしていると思います。
 しかし、その観点でも、医療側批判のために無罪判決を受けた加藤医師の名誉に対する配慮に欠ける印象を強く受けます。

| コメント(19) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yabelab.net/mt4/mt-tb.cgi/7320

コメント(19)

逮捕の正当性に関する記述の観点で読むと、支離滅裂の印象なのですが、表題の「公正中立な医療審査の確立を」という観点でなら、主張としての体はなしていると思います。

私もそう思います。
広尾事件や横浜市立大事件後も自律的な機関ができていないことへの苛立ちと思います。
今回こそ、公正中立な医療審査の確立を実現すべきです。
これが、実現しない限り、永遠にバッシングが続くと思います。
もはや10年近くもの議論すべき時間は終了し、あとは決定すべき、という雰囲気が世間に広まっている感じがします。
今国会で成立することを希望します。

>最近、読解力が低下したらしく、
>一読して趣旨が読み取れない場合が増えました
>(^^;)
*
モトケン先生
*
日本の国語教育は、悪文を解釈することが”読解力”であるかのごとく指導されてきました。
国語を試験として使うことから来た間違いです。
*
【平易で、紛れのない、論旨の通った文章を評価する】
【難解で、紛れのある、論旨の通らない文章を非難する】
こうあるべきではないかと思います
*
文系・理系という仕分けもどうかと思いますが、科学的な素養がないモノが、マスコミに紛れることが、マスコミの程度を下げているとしか思えません。

科学論文などでは、読み方に混乱が起こるような文章は、読み手ではなく、書き手に非難が集中します。
程度の悪い論文ほど、自説の検証が甘く、引用が自説を強化していません。

マスコミの体をなしていない、凋落した元・大手新聞社を批判しても仕方無いかもしれませんが・・・・

一番主張したいのはこれ

医師の資質を疑いたくなるような医療事故が繰り返されており、医療従事者の隠ぺい体質や仲間意識の強さ、学閥を背景にしたかばい合いの常態化
ではないでしょうか。
自分たちが今まで行ってきた印象操作が無に帰すことへの危機感?

マスコミに突っ込みいれるのは、事故調作ってからにした方が
いいと思います。
マスコミVS医師のバッシング合戦は何ら得るものはないと思いますが。
腹いせかストレス解消くらいでしょう?

他の事件を一緒くたにして、だからXXには問題がある、というう決め付け方には相当無理がありますね。
メディアは
1.誤報する
2.ニュースを偽造する
3.サンゴに傷をつける
4.自分たちの事は棚に上げて、人の批判ばかりする。
だから全てのメディアは信用できない、という結論を導き出したら、彼らはどのような反論をしてくるでしょうか?(^^;

要するに毎日新聞の論説委員氏は「無罪判決なんてけしからん、加藤医師は刑事罰を受けるべきだ」と書きたいんだけど、それを書くと民事の上でも場合によっては刑事的にも有責とされるんで、もって回った表現を一般論風にこねくり回してグチグチ書いてるだけですね。

ヤフーニュースのコメント欄(数日で閲覧不可能になる時限ネタですが)
http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20080820-00000128-jij-soci&s=points&o=desc

加藤医師「きちんと判断、ほっとした」=現場復帰に意欲も−帝王切開死、無罪判決
8月20日 17時15分 配信 時事通信

単なるアンケートにすぎず、しかも複数投票も可能なシステムなわけで、情報価値は相当割り引く必要はあるとは思いますが。

得票数上位のコメントと、(一部の)マスコミの論調とに、ものすごい温度差を感じます。

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(?)】
新小児科医のつぶやき 2008-08-22 マスコミ本位制の落日

ネットを見てる若い人々はきちんと理解して新聞報道などを評価してると言うことでしょうね。新聞、テレビの情報価値が低下し、事実報道以外の評価は大層下がっていると感じます。それは、ネットの住人なら誰しも分かってることでしょう。あの2ちゃんでさえソースの信頼性が評価されるわけですから。

いや…確かに得票最上位のものはそうかもしれませんが
下の方にある、「無罪だけど云々グチグチ」のたぐいの得票数を積み上げていくと薄ら寒い思いがします

無罪判決がそんなに嫌なんですかね。
他人の幸せ(本当は幸せでもなんでもないですが、外からはそう見えるという意味で)を見ると何でも良いから砂をかけてやろうとする人が多いように思えます。嫌な世の中です。

ここのモトケン先生のエントリーコメント拝読するとマスコミという言葉やジャーナリズムという言葉が日本語に訳せないでカタカナ外来語のままだという理由がいやというほどわかりますね(笑)。

>県警が異例の強制捜査に踏み切ったのも、社会に渦巻く医療への不信を意識したればこそだろう。


社会に毎日新聞への不信が拡がれば
毎日新聞にガサ入れしてもかまいませんよ、
という意味でしょうw

得票数上位のコメントと、(一部の)マスコミの論調とに、ものすごい温度差を感じます。

そうでしょうか?
最初の1ページだけ集計してみましたが、得票数で比較すると:

判決支持:32960票

中立もしくは判決支持だけど医療界に批判的:32518票

判決不支持または不満:39655票

でした。

まだ医療不信は根強いものがあると思います。

No.12 内分泌科医 さま

私が投稿した時点から、事態(というと大袈裟ですが)が動いたようです。

1.得票数ダントツNo.1のコメントが削除されたこと
2.「コメント数ランキング」の上位に来たことで、ニュース自体は見逃していた人たちも飛んでくるようになったこと

1.については、私が最後に見た記憶では、2万近くの得票でした。2位のほぼ倍。
コメント内容を保存しているのですが、末尾に遺族を中傷する内容が含まれていたんですね。そこさえなければ内容はきわめて正論だったので、削除を危惧していたのですが、やはり管理者は見過ごさなかったようです。

2.については、別のところで別の方が指摘していたことですが、
・医療関係者or医療関連に興味を持っている人に無罪派が多い。
・無関心の人が記事だけ読むと有罪派になる。
これがまさに現実化したように思います。

別の「証拠」をお見せします。
いずれも判決言い渡し直後のニュースについたコメントです。
コメント数があまり伸びず、「上位」にランク入りしていないため、「関心のない人」があまり見ていない場合、コメント欄+得票がどうなるか。

CBニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20080820-00000000-cbn-soci&s=points&o=desc

時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20080820-00000064-jij-soci&s=created_at&o=asc

すみません、時事通信のほうは、「点数順」をクリックするか、こちらのリンクからご覧ください。

http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20080820-00000064-jij-soci&s=points&o=desc

まあ、

医師の資質を疑いたくなるような医療事故 医療従事者の隠ぺい体質や仲間意識の強さ

と今回の事件がどう結びつくのか?私は結びつけることができません。
これらは分けて考えるべきではないでしょうか?今回の事件とは全く別の次元の問題と考えます。
そういう意味で意味の通じない支離滅裂な解説だと思います。

ご指摘はごもっともですが、たとえば今「加藤医師は有罪か無罪か?」を国民投票にかけたら有罪多数になるでしょう。
加藤氏個人の判決は国民投票では決まりませんが、医療行政のあり方が国民の世論が決定します。

現在のところ、有識者と関心の強い市民の過半数はおそらく無罪支持でしょう。しかし、国民全体の意見としては有罪派が多数でしょう。毎日新聞の歯切れの悪い社説もおそらくそういう意見の分裂を反映しているのだと思います。

ぼくが以前から「加藤氏に有罪判決が出た方が長期的には医療に有利になる」と言っていたのは、現時点では国民の意識は変わらず、ぬるま湯でゆっくり蛙を煮るように破滅を迎えていきます。責任の所在も、下り坂を転がりはじめた分岐点も、根本的な原因も、何も解明されないまま結果だけが重くのしかかってきます。そして国民が気がついたときには完全に手遅れになっているでしょう。

産科はもう既に手遅れだと思っています。

j-castがらみということで。
既出だったらすみません。

「医師逮捕までする必要あったのか」 「大野病院」判決の新聞論調
http://www.j-cast.com/2008/08/21025512.html

・朝日、読売、産経は判決に肯定的
・毎日社説は警察の起訴姿勢を擁護

このように各紙の間で論調が違うのはもちろん、同じ新聞でも朝刊と夕刊で論じ方が変化しているあたり、この問題の複雑さをあらわしたものだと言えそうだ。

ナポレオンがエルバ島を脱出したとき新聞の見出しは「シチリアの怪物流刑地を脱走」そのナポレオンがいよいよパリに迫ると新聞の見出しは「皇帝陛下、明日御入城」。

今ナポレオンはちょうどリオンあたりにいるんだと思います。

P R

ブログタイムズ

このエントリのコメント