エントリ

 大野病院事件の判決を受けて、昨日今日と、エントリを二つ書きました。
 「誠実な医療の重要性」と「反省すべきは反省し」です。

 これらのエントリの宛先は、医療側の皆様でした。

 「誠実な医療の重要性」は、医師の皆様、自分たちの医療行為に自信を持ちましょう。裁判所にはきっと通じますよ、という気持ちを込めて書きました。
 「反省すべきは反省し」は、大野病院事件の起訴に至る経緯において、医療側に反省すべき点はないかという問題提起でした。

 いずれも医療側の皆様に自らを振り返って、いわばプラス面とマイナス面を正当に自己評価してもらいたいというエントリでした。

 しかし、返ってくる反応は、全てとは言いませんが、ワンパターンの警察・検察が悪い、マスコミも悪い、という他者批判が目につきます。
 このような他者批判は、ある意味で自己中な視点です。

 最近活発な議論が行われてます「医療不信の実態とは?」で、私は「客観視」というキーワードを強調しました。
 「医療不信の実態とは?」ではまず非医療者側の不信感の客観視を求めたわけですが、上記の「誠実な医療の重要性」と「反省すべきは反省し」では、医療側に客観視を求めたエントリであるとも言えます。

 客観視とは、自分以外の他者の視点で自分を見ることだと言えます。
 「誠実な医療の重要性」では裁判官からの視点を意識してもらいたい、「反省すべきは反省し」では検察の視点を考えて欲しい、と言えばわかりやすいでしょうか。

 しかし、法律の素人の医師には、裁判官の視点も検察官の視点も分からない、というのが本音でしょう。
 だからこそこのブログがあると言えます。
 医療崩壊に関する一連のエントリにおける議論は、まさに司法側から医療側に対して法律家の視点を説明するものであったわけです。
 当時から参加されている医療側の皆さんにとっては、またモトケンさん切れそうだな、というところかも知れませんが、最近このブログに来られた医療側の皆さんには、ぜひ読んでいただきたいなと思います。
 はっきり言って膨大ですから、大変だと思いますけど、読む価値はあると思います。
 読む暇がない方も、訴訟リスクをを考える以上は、法律家のものの考え方というのはどういうものだろうか、という好奇心くらいは最低持っていただきたいと思います。
 それが、相互理解の第一歩だと思いますので。

 わざわざ法律家が開設しているブログに来て、医療側と司法側の相互理解を考えないなんていうのは、もったいないと思いませんか?

 しかし、医療側の皆さんは、自分の文章がどう読まれるかについて、あまり深く考えてない人が多いのかなと感じることがあります(^^;
 要するに、素人相手の説得の技術が下手くそということですが(失礼)
 そうであるならば、他者批判をするよりは、自分たちの正当性を訴えるほうがいいんじゃないかなと思います。

| コメント(15) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yabelab.net/mt4/mt-tb.cgi/7339

コメント(15)

>モトケン先生
先生の心優しいメッセージ、しっかり伝わっております。
数日前から、そのことを書き込もうかと思っていたのですが、なかなかタイミングがつかめず・・(汗)

ほとんどROMですが、どうかこれからもよろしくお願いいたします。

モトケン先生から、優しく、諭していただいている気になっています

ふつつか者で、粗忽者ではありますが、引き続き宜しくお願い申し上げます

今回の大野事件での無罪判決は、被告人の加藤医師の医療に対して真摯に取り組んできた実績、言うなれば加藤医師の「医療に対する誠実さ」を、法廷審理を通して裁判長が感じ取った結果だと思います。

「誠実な医療の重要性」は、医師の皆様、自分たちの医療行為に自信を持ちましょう。裁判所にはきっと通じますよ、という気持ちを込めて書きました。
このモトケンさんのコメントは、裁判官という人間が被告人という人間の行為結果を裁く、すなわち人間が人間を裁くのが刑事裁判の本質である以上、最後は裁判官の人を見抜く目に被告人の人柄がどう写るかで決まるということを言いたいのだと思います。極論すれば刑事裁判において法令解釈だの証拠の評価だのは、被告人の人間性を評価する為の単なるモノサシであり一介の道具に過ぎず、それに拘泥するのは裁判の本質ではない。私は裁判をこのように感じるときがあります。
医療側の皆さんは、自分の文章がどう読まれるかについて、あまり深く考えてない人が多いのかなと感じることがあります
私も医療者の主張に政治的センスが欠けている印象を持ちます。

世間大衆を説得して味方に付けるには、言葉が多少難解であっても、分かり難い表現であっても、主張する内容の理屈が正しければ良いじゃないか、と思っていらっしゃる医師の方々多いように感じるのは残念です。分かりやすく噛み砕いて説明する努力、関心の無い人々にも興味を持って聞いて貰えるように工夫する努力、受け手が反発するような表現を避ける努力、気長に腐らずに何度でも繰り返しにこやかに説明する忍耐の努力、…等々の面で今一つ足りないかなぁ。以前よりこのように感じるシーンが結構ございます。

要するに、素人相手の説得の技術が下手くそということです
医者は身に付けた医療技術の高さで評価が決まる、口下手や口上手は医師の能力には直接関係ない。このようにお考えの医師の方々は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

弁護士であるモトケンさんも、社会保険労務士である私も、法律や国家行政制度の高度な知識がその資格の根源です。ですがそうした頭に蓄えた専門知識やノウハウを、法律や行政手続に疎い素人さんに上手に説明出来なければ依頼人から評価して貰えません。説明能力、解説能力というのは我々士業者にとって、法律の条文や専門知識を記憶する能力より遙かに重要な能力です。
(あ〜別館では、説明能力に疑問符が付く弁護士の実例も体験できますが…)


私自身は医師の方々を非難する意図はありません。むしろ医師の方々の味方をして、医師が働きやすい医療体制の実現に微力ですがお役に立てて、医療崩壊の心配が解消されれば嬉しいと思うのです。ですが現状、このモトケンブログで見聞する医師の方々の主張の半分は、気持ちは理解するけどあんな言い方をしたら逆効果だなぁ…と感じる部分があります。そこが応援団の一員としてもどかしく、また残念で、敢えて苦言を呈すコメントを致しました。

医師の皆様方、お気を悪くされたかも知れませんが、私の真意をご理解頂ければ幸いです。

>医者は身に付けた医療技術の高さで評価が決まる、口下手や口上手は医師の能力には直接関係ない。このようにお考えの医師の方々は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

法務業の末席さん,
職人気質にこのように考えている医師も存在することは事実だと思います.人間を相手にする以上これでは少々まずいのですが...

どなたかも書かれていましたが,
(1) 腕はいいが,対応は悪い医師
(2) 腕はヤブだが,やたらと口のうまい医師
どちらが医療トラブルにならないかというと圧倒的に(2)の方です.これもまた事実なんですが,では医師として(2)がよいのか?ということも問題になるでしょう.
医療者からみると(1)>(2)であるべきと考える方が多いように思いますが,「患者の満足」という意味では(2)>>(1)なんでしょうね.
昨今の医療不信をみていると生き残るのは(2)ということになるのでしょうか.それもまた国民の選択なんでしょうね...

 腕もいいし口もそこそこ達者、という医師を目指すべきでは?
 少なくとも努力目標として

(1) 腕はいいが,対応は悪い医師 (2) 腕はヤブだが,やたらと口のうまい医師

 その二者択一の議論には、ロジックの漏れがありますよ。

 腕が良くて対応も良い医師もいるでしょうし、口下手=対応が悪いというわけでは必ずしもないでしょうし、そもそも腕の良さと対応の良さは両立し得るものでしょうから。

 また、仮に腕がヤブでも対応が真摯な医師は、それはそれで一定の社会的貢献が出来うるようにも思います。

製造業やITベンダー等とパラレルに考えると、「職人肌」が適している製造部門と、「社交家」が適している営業部門。
医療の場合、その両部門がくっついてしまっていて、1人で両方を兼務しないといけないという構造的な問題なのかな、とかねてから思っているところです。
(弁護士も似たところはありますが、一定規模以上になると、営業と製造の分離がある程度可能だったりします)

適材適所とかいって、「(1) 腕はいいが,対応は悪い医師」は、ムンテラやトラブル対応などに出さないような組織的な対応ができれば、無用な摩擦は防げるのかな、と思いますが、それに見合うだけの診療報酬もつかないし、マンパワーも足りない(秘書すらまだまだ)のが現状なのでしょうから、ないものねだりなのだろうとも思うわけですが。

 法律家も医師も、その他の専門職接客業でも、最悪は、「腕は悪いし説明ベタ」でしょう。その逆を皆さんで目指すことを祈念します。

確かにそうなんですが...
両方とも良ければそれにこした事はありません.
ただ往々にしてどちらかに偏りがちになるのが人間というものでしょう.両方を併せ持つスーパーマンは一握りに過ぎません.多くは両方がどちらかに偏りながらもそれなりのバランスが取れているからよいのだと思っています.
モトケンさんも書かれていますように両方バランスを取りながら上を目指すべきというのが正しいというのはその通りです.

 「スーパーマンになれ」なんて、医師に要求することは出来ないですよね。
 一般に人間はスーパーマンとは程遠いし、そもそも映画で語られるところスーパーマン自身、いろいろ悩み多き人間ですし。

 思うんですけど、仮に腕がヘタだったとしても、対応が真摯な医師であれば、遺族も感謝するってことがあると思うんですよ。
 患者の命は救われなかったけど、遺族の気持ちは救われたということが。

 もちろん、医師に限らず職業人としてヘタっぴじゃ困るし、対応さえ良ければいいと言うものでもないんですが、人間世界にはある意味、結果の成否だけに収まらない部分があるんじゃないかと思っています。

 接客業はすべからく消費者へのマーケティングが大事だと思います。公務員の窓口業務を含めて。そこでは、誠意と真摯な態度が通じると信じたいです(甘いですが)。
 自分が反対の立場(消費者)だったら何を望むかという観点もぜひ御一考を。ある弁護士先生が奥様を殺されて被害者遺族となり、「いままで我々法曹が遺族をいかにないがしろにしてきたことを実感した」という意味のコメントを読んだ記憶があります。確か被害者と遺族への保護立法のきっかけとなった事件だったと記憶しています。
 それはスーパーマンでなくても、ちょっとした気遣いにわずかな時間を割く心がけから始めてみてはいかがでしょうか(ご多忙な人ほど)。民間では、CIや接客マナーがもてはやされるはるか以前の高度成長期(古語)から取り組んでいる企業もあります。
 それへの対応が一番遅れた業界が、三公社五現業に象徴された公務員世界σ(^_^)であることは、♪くやしいけれど認めます!m(_ _)m

トピズレですが・・・ITベンダーという言葉に引っかかりました

SEで一番多いのがフィールドSEで、フィールドSEの多くは「顧客先」に常駐してます。この常駐というのがくせもので、仕事上だけはなく普段の生活習慣(食い方、トイレの使い方等)を四六時中顧客に監視されているわけです。つまりコミュニケーション能力や技術力の他に人としての総合力・魅力が問われるのです。

技術力はあるのが当り前、コミュニケーション能力は重要な武器、人間の総合力は付加価値を与えます。
どれだけ人前にでるかの大小ありますが、他の職業も成功するのにこの要素が大事であることは変わりなく、皆このような部分を日々研鑽し、不足している人は淘汰されるか、人前にでなくてよい職業に転職するかだと思います。

つまり何が大事かというと、それが当り前と思う人が巷には多く存在し、その人達が「患者」としてやってくるということだと思います。

 癒着胎盤であったときに対応出来るか?と術前に問われたとき・・・
 加藤先生は出来ないと答えたと思います(実際出来ませんでしたし)。

 もし、加藤先生が医師として大野病院事件でかろうじて反省点なり、何か出来る事なりと言うものがあるとすれば、それ以外には何もなかったと思っています。

 もし、加藤先生のやられたことに何らかの齟齬を無理矢理見いだそうとするのなら、それ以外には無いと思います。また、加藤先生自身、癒着胎盤で大出血の時に対応出来ないことを想定出来なかったと思います。

 そしてこの事件の問題は1万分の1の症例に対し(そしてほんとにそんなことが起きるかどうか分からない事例に対し)、対応出来るのか、対応出来るのが当然なのかということを問われた事例であると思います。

 これが10分の1の確率で起きる事例であれば、加藤先生も躊躇無くほかの病院に紹介したでしょう。
 ですが、1万分の1の事例に対し、紹介するのが正しいのか、あるいは自分でやるのが正しいのかについては明確な答えを見いだすことは不可能だと思います。ましてや、紹介することにより患者さんやご家族に大きな負担がかかる場合にはより問題だと思います。

 私はこの事例のもっとも本質的なところはそこだと思っています。
 
 

そしてこの事件の問題は1万分の1の症例に対し(そしてほんとにそんなことが起きるかどうか分からない事例に対し)、対応出来るのか、対応出来るのが当然なのかということを問われた事例であると思います。

問題なのは警察に「1万分の1の症例」「どうすれば正解と言えるのか、誰も言えない領域での処置」と言う事が伝わらなかった事にあると思いますし、それを伝えるためにはどのような制度が相応しいかと言う事を議論した方がいいのかなと思います。

「警察にはその能力なし」として、刑事免責と言う手も、政策的にはあるかとは思います。その場合、代替手段の構築が至難なものとなりそうですが。

>>No.14 しまさん
警察は科警研を有し、また警察医も有しており、証拠となる事実を集める能力は世界トップクラスでしょうから医療事故の犯罪面の捜査担当として不可欠な存在だと思います。すなわち、専門医集団の医療鑑定と警察の収集した証拠を同時に評価すれば、事故となった医療行為が過失犯罪ではないという悪魔の証明に近い証明が可及的高精度で証明できるだろうと思うからです。
事故調査委員会の法的立場についてはしまさんのお考えが、実際の各現場での迅速でコストの少ない運用のための委員選定についてはan_accusedさん案が、いずれもシンプルイズベストでありもっとも現実的だと思います。

大野病院裁判の問題点は見込み捜査による証拠不十分のまま検察が起訴という判断をしたことにあります。その教訓としては検察の役割を専門医集団が行うと誤った起訴を防げると思うものです。

これは医師としてではなく単なる一億二千万分の一の老人のつぶやきです。

P R

ブログタイムズ

このエントリのコメント