エントリ

 私としましては、今後司法問題に関連する問題を除いて、医療問題について積極的な発言をすることを控えようと思います。

 「東京の妊婦死亡事故」のコメント欄の議論からの印象ではありますが、議論の後半の 僻地外科医さんなど一部の医師を除いて、医師と思われる方のコメントを読むと、医師以外の人たちに対する情報発信の場であるという認識に欠ける人が多いようですし、そういう認識があるとしてもどうもKYとしか思えないものもあります。

 また、私を含む非医療者とコミュニケーションを取ろうという意欲があるようにも思われない感じがします。
 
 私は、医師が不当な非難を受けることがないように、医師からの適切な情報提供と意見表明などの、医療側からの積極的な発言を期待したわけですが、多くは、自己防衛的なもので、分かりやすく言えば墨東病院の件における責任否定または責任回避的な発言が目に付きすぎました。

 たぶん、多くの医師は私や世間を医師ないし医療に対立する存在とみなしているのではないかな、と想像しています(従前のマスコミの論調からすれば無理もないとは思いますが)。
 医師や病院側の何らかの問題を指摘すれば、問題の所在や内容(誰を対象とするどのような問題提起かなど)、問題提起の意図にかかわりなく、医療側は医師に対する非難の臭いを感じるように思われます。
 上記エントリのコメント欄では言うのを控えていましたが、正直言って、被害妄想的な印象も受けています。
 私や私以外の非医療者の投稿者が、そうじゃないという説明を何度かしましたが、ほとんど聞く耳を持たないという反応も妄想との感を深めた所以です。

 これでは、コミュケーションなど成立するはずもなく、かえって溝を深くするだけのように思われました。

 そこで、今後は、医療関係のニュースがあれば興味の赴くままに紹介はしますし、それについていろんな立場の人が意見を述べるのは自由ですが、私はそれを横から見る程度にとどめたいと思います。

 余談ですが、昨日、私はお医者様のお世話になりました。
 様をつけないではいられないほど感謝しています。
 医者でなければできない領域があり、それをきちんと全うされています。
 私の年齢から見ても今後さらにお世話になる機会も多くなると思います。
 医師のみなさんが働きやすい環境であることが、医師の皆さんの能力を最大限に発揮する不可欠の要素であり、かけがえのない患者の命や心身のためには、それこそが患者のためになることである、という考えは、このブログで医療問題を取り上げ始めた当初から変わっていません。
 
 医療をめぐる状況が少しでもよくなることを祈っています。

| コメント(16) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yabelab.net/mt4/mt-tb.cgi/7652

コメント(16)

  モトケン様のブログを荒らす医師たち(私も含め)の無礼を寛大に見過ごしてきてくださったことにこそ御礼申し上げます。
  医者と弁護士が建設的にタッグを組めば患者の医療不信も何とかなるのでは、という漠然とした期待はまだ失ってはおりません。
  医療崩壊をシニカルに眺めるほどの境地にいたっていない私としては、日々の誠実なコミュニケーション(患者様ともマスメディアともインターネットブログとも)しか武器(?)はありません。
  できれば法曹界のかたがたのご厄介にならぬような人生が望ましいのですが(失礼)、でも、突然冤罪がふりかからないと限りませんし、人工呼吸器取り外しのように、半ば確信犯で実施しなければならない自律的プロフェッショナリズムも捨てていません。
  今後も、ときどきお邪魔してよろしいでしょうか。

 時間がどのくらい重要で必要かと、お話したかっただけでしたのに、ご無礼とご心労をおかけしたようで、誠に申し訳ありませんでした。

お疲れ様でした。
なかなか意図するところが伝わらず歯がゆかったことと思います。
これからは自ら仰るように横から眺めて気が向いたときに発言される程度でよろしいのではないでしょうか。

このブログのROMも長くなりましたが、医療関係者の本音?の一端を知ることが出来て有益でした。
たまには医療関係の話も載りそうなので、引き続きROMさせていただきます。

どちらかと言うとなんですが私もシニカルに見ているほうで、実際に崩壊しないとみんなわからないんだろうなと思ったりもします。
とはいえ、自分だけならいざ知らず家族のこともありますので行動できるところでは積極的に意思表明をしたいと思います。

もし私の発言を不愉快に思われたとしたら、謝罪致します。そういう意図はなかった、というのは言い訳に過ぎないとは思いますが。モトケン様のこれまでの努力を感嘆しながら拝見していただけに私の言葉がこのようなきっかけになったとしたら、自分の不明さを恥じるばかりです。
ひとつだけ言葉を足させていただくなら、僻地外科医先生のおっしゃられる提案は一番現実的であると思いますが、砂川のようなある程度地方は基幹病院がはっきりしているためその通りですが、むしろ大都市圏の方が責任を明確化した集約化が必要と考えています。

ご無礼失礼致しました。

 時々、拝見しておりましたが、論戦に加わることもなく、なんとなく、お疲れのようにお見受けしておりました。

 やはり顔が見えないから「罵詈雑言」とまではいいませんが、ささいなことからの「口撃」がいくらもあったと思います。医療は国民全体がそれぞれ思うことがあっていいと思います。十人十色でいいのですが、やはりネットで書き込みは節度なり礼儀があってしかるべきです。これまでいろいろとありがとうございました。

 また、今後ともよろしくお願いします。

 小倉弁護士もこの件で少し書いていますね。
 たとえ気が向かなくても、一応小倉ヲチで紹介しないとアンフェアだと思います。
 司法試験制度改革で、弁護士が大量生産されてこれからは大変な時代になりそうですが、少なくとも報酬面に限れば、医師国家試験こそ、そうすべきだったのではないでしょうか。医師の人数が過剰ならば、平均報酬は下がるでしょう。
 弁護士にしろ、医師にしろ、大変な勉強をしないとなれないのに、いざなってみたら報酬がすくないとなればインセンティブの問題も出てくるので、人数に適度に制限・適度に緩和を加えないといけませんが。

 おそらく今の医療関係者(自分を含む)は論理的なコミュニケーションをとる余力すらないんだと思います。
 「東京の妊婦死亡事故」のエントリで100m走の例えが出てましたが、実際の状況は170cm、40kgの脱水、栄養失調状態でふらふらになりながらわずかづつ進んでるようなものでタイムどころか完走できるかも怪しいです。それに併走したコーチが「フォームを正しく(システムを改善できないか)」とか「どれだけ水分と食料があればベストタイムが出せるか(リソースは具体的にどれだけ必要か)」などと言われても、低血糖が著しい状態だとまともな思考ができるはずもなく「水……」「食い物……」といった単語や精神病様症状(被害妄想や衝動性)しか返ってこないでしょう。今は量の検討はさておき水分(医療費)とカロリー(人材)の補充を急速にすべき段階だと思います。
 とは言ってもモトケンさんもこれ以上こんな話で消耗するのも大変でしょうから、これからは離れた場所で「医療破壊」をゆっくり眺めてください。どこかで甚大な被害を被ることで、国民がいやでも思い知って行動せざるを得ないときがくるでしょう。そのころには外科系の人員が激減して技術が継承不能になっている可能性もありますが……

ここ数日の経緯を見ていて、(それ以前にも雰囲気はあったのですが)このようなことになるのではないかとしんぱいしておりました。
 私も、小倉氏に対する無責任な刺激などをしてしまったり、匿名のまま、問題な実例を示したりして、混乱を招くことの一端を担ってしまったことと思っております。ご迷惑をかけ申し訳ありませんでした。しばらくおやすみください。その上で、重大な事態が生じたとき、社会のため再び立ち上がることをお願いします。
 私事ですが、病院代倒産時代の波に巻き込まれそうです。理由は東洋経済に書かれていることどおりの人手不足です。
 今まで、地域医療、地域救急を必死に支えてきたつもりですが、もうだめなようです。
 ネットを見ることもできなくなる状況に陥るでしょう。
 焼け跡から空を見上げることができるようになったとき再びこの環境が復活していることを切に望みます。

 長い間、本当にお世話になりました。

 ありがとうございました。

 自分の方は今後とも法曹の皆さんとの法制度を巡るお付き合いが続きそうです。よろしくお願い申し上げます。

このスレッドはそんなgdgd書く場所ではありません.

何か表明したいのなら少なくとも建設的なことをお願いします.

 一方聞きだけで、人を裁こうとする現在の司法制度の姿勢だけは、絶対に許すことはできません。

 木を見て森を見ずという風な医師が多いことは否めませんが、密室のいじめを放置されている姿も納得できません。

 いい加減にしてほしい。

医師のコミュニケーション能力のなさに嘆いたり、
提案姿勢のなさに呆れている国民も多いと思うが、
あえて医師の皆さんを庇うとすれば、
医学教育の環境に問題があると思う。

6年間、他の学部と隔離された環境で、勉強はもちろん、部活すら医学部だけ、対話も医学部だけ、みたいな環境で育てられたわけで、普通の人たちとのコミュニケーション能力は育てられていないと想像する。

もちろん全員ではないが、診察で笑顔ひとつ作れない医師が
多いのもそういった原因だろう。

もうひとつは医療は国民の問題であり、医師の問題ではない、
という当事者意識の甚だしい欠如があり、こうした医師の
勘違いが続く限り、医療人に失望する弁護士をはじめ、あらゆる国民を失望に導く要因があると思う。

まあ、それでもなんだかんだいっても、今日も過労死覚悟で
自己犠牲で頑張っているのだから、文句を言わず、
暖かく見守りたいと思う。

医師の皆さん、今まで失礼なことをいっぱい言いましたが、
そういう意見も国民の一部にあるということでお許しください。

 あまりに真逆な反応はよせ。
 せめてきちんとここまでの議論を読んでから語った方がいい。そのレスはマヌケ以外の何者でもないぞ。

 エラ−ばかりで書き込みできずようやくと思ったら,このようなことに(^^;

 一市民さん
 >医療は国民の問題であり、医師の問題ではない、

 医療が金儲けでなく,セ−フティネットであるなら,国民が医療従事者を
守ろうとしない限り,崩壊するしかありません。

 ブログ主さま。不毛なやり取りの繰り返しでさぞかし疲れたと思います。
 ゆっくりお休みください(^^)

ずいぶん勉強させていただきました。過去ログを読み返すこともあるかと思います。また医療関係の話題を時々でも振っていただければありがたいと思います。

お疲れ様でした。
「医師」とか「ネット医師」とひとまとめにされる事も多いのですが。
本当に、いろんな人が多いですからね。

一般の人達も多く来る講演などでも、発言するのは医師ばかりですから。
いろいろ言いたがりの人も多いんですよね、何故か。

先生もいろいろ大変だとは思いますが。
医療報道等の流れが変わったのは、先生の影響も多かったと思いますので。
負担にならない範囲で続けて頂けると幸いです。

P R

ブログタイムズ

このエントリのコメント