以前は過失で済んだかも知れないが

| コメント(6) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 かなり有名なエントリだと思いますが

 小倉さん、論理の飛躍は計画的に(すちゃらかな日常 松岡美樹)

 いつでも、どこでも、誰に対しても、ということになりますと、もはや故意を認定するしかないですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yabelab.net/mt4/mt-tb.cgi/248

コメント(6)

しかし、過去の経験を記憶していない場合、規範の問題に直面できないことになります。

一連の言動を見るにつけ、長期記憶保持能力については慎重な判断を要するかもしれないという懸念が。

 私も松岡さんのブログのこのトピック(エントリ)は目にした記憶があります。やっぱ、ロジカル・シンキング(論理的思考)でのプロブレム・ソルビング(問題解決策)は大事な~と思った記憶があります。
 ちょうど、MBAパクリ講座で「ロジカル・シンキング」と「プロブレム・ソルビング」学んだ直後だっただけに。

最新エントリの「ネットサービス企業の反社会性」では

>昨日のエントリーに対しては,的外れなはてなブックコメントがたくさんついたようです

と仰っています。
他の人が自分の文を「誤読」した時は、的外れなコメントなんですね。

飽きないのかな?

きっと我々のような常人には分からない世界へ入られているんですよ。
だからこそ、ご本尊様や教祖様と呼ばれるのでしょう。

お~くわばらくわばら ̄◇ ̄;

 私の好きな言葉です。

・初めに言葉ありき。神(真理)は言葉だった。
・言行一致 表裏一体 論旨一貫 理路整然
・発言には無限責任が伴う。

PS:厳守してませんが、厳守したいと思います。m(_ _)m

コメントする

太字 イタリック アンダーライン ハイパーリンク 引用

このエントリのコメント