またまた属人論法ですね >小倉秀夫弁護士

| コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 OguraHideo 氏がはてなブックマークコメントで以下にように述べています。
 なお、OguraHideo 氏というのは、言うまでもなく小倉秀夫弁護士です。

その発行する雑誌で特定の個人をかなり悪し様に罵ることが好きな宗教団体に属する人が、それよりはかなり穏やかな個人批判すら許さないが自分が特設ブログで匿名さんを手足として個人攻撃を加えるのは◎ってこと? 2009/03/30

 「その発行する雑誌で特定の個人をかなり悪し様に罵ることが好きな宗教団体に属する人が、それよりはかなり穏やかな個人批判すら許さないが自分が特設ブログで匿名さんを手足として個人攻撃を加えるのは◎」というような内容の話は、どこにあるのでしょうか?
 少なくとも、ブックマーク先のエントリにはそのようなことは書いてありません。
 私のブクマコメントも「『自分を特別視できるくらい』の人が実在することを確信しました。」というもので、小倉弁護士が書いたような内容ではありません。

 それはそれとして、小倉秀夫弁護士のコメント見てみますと、「その発行する雑誌で特定の個人をかなり悪し様に罵ることが好きな宗教団体に属する人」って、もろ属人論法じゃないですか。
 そんな立派なものじゃなくて、いつもの印象操作だとも言えますけど。

 こんな偏見体質丸出しの文書を書いて、恥ずかしいと思わないのでしょうか。
 あまり人権感覚が必要な事件をされてないからかも知れませんけど。
 こういう考え方をする人は「その発行する雑誌で特定の個人をかなり悪し様に罵ることが好きな宗教団体」に代えて、いろんな団体や属性を代入するんじゃないでしょうか?
 それで相手の意見を封殺できると思っているんでしょうか?
 少なくとも論理的な議論はできそうもありません。

 ところで、特設ブログってどこのことなんでしょうね。
 「特設」ってくらいだから一般論じゃないと思うのですが、わざと具体名を書かないのはやはり後ろめたいからでしょう。

 ついでに、「匿名さんを手足として個人攻撃を加える」って、もはや妄想の域ですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yabelab.net/mt4/mt-tb.cgi/369

コメントする

太字 イタリック アンダーライン ハイパーリンク 引用

このエントリのコメント

  • コメントはまだありません。