異論を排除しているというのはどういうブログか?

| コメント(50) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 コメント欄の管理を放棄してコメント欄を閉鎖しているブログ主や形式的には公開しているけど事実上閉鎖しているブログ主が、コメント欄を公開しているブログ主を批判するのおかしい、とまで言う気はないのですが、自分のブログのコメント欄に自分を批判するコメントしか書き込まれなくなったことからコメント欄を(形式的であれ事実上であれ)閉鎖したブログ主が、コメント欄にブログ主に共感するコメント投稿者が多いブログのブログ主を批判するとなると、それも「小宇宙」とかいう必ずしも意味が明瞭でないレッテル貼りを行って批判するのは、ちょっとおかしいのではないかと思うのは私一人ではないのではないでしょうか?


 小倉秀夫弁護士は、どのブログかを特定することなく

異論が投稿されたときに常連コメンテーターが一斉に異論を排除しにかかるブログはやはり「小宇宙化」します。

 このように述べているわけですが、少なくともどんな意見であれ事前承認なしに自動公開設定にされているブログ(私のブログは全てそういう設定です)においては、「排除」という言葉は当たらないと思います。

 どのような意見であれともかく公開されます。
 (例外、スパムフィルタに引っかかったときですが、気がつけば公開措置をとっています。)
 事後的に、不相当と思えるコメントについては、明らかな広告等を除き、一応意見と思えるものは転記先を明記した上で転記措置をとっています。

 つまり、どのようなコメント投稿がなされ、それに対して私はまた他のコメント投稿者がどのようなコメントをしたのか、どのようなコメントが転記措置をとられたのかが、全ての読者、つまり私に共感する人にも私に批判的な人にも明らかになっています。

 そのような状況下において、私または他のコメント投稿者の投稿内容が

世間の常識から乖離した思想ないし見解

であるならば、常識ある多くの読者から多数の批判コメントが寄せられるはずです。

 また、私のエントリやコメントが常に、いわゆる常連さんの支持を得ているわけではありませんし、常連同士で、かなり激しい議論になる場合もあります。
 このようなブログを小倉弁護士が仮に「カルト」というのであれば、「カルト」の定義をまず確認する必要があると思われます。

 なお、私としましては、自分のポリシーに合わないコメントを承認しないということを、「異論を排除」していると言わないことは困難だろうと考えざるを得ません。

 さらに付言しますと、発言の機会が保証されているブログにおいては、あるコメントに対して複数の批判が加えられた場合に、そのコメント投稿者が沈黙せざるを得ないのは、そのコメントが反論するに足る論理性を持たないか常識的に多数の支持を得られないのかのどちらかである場合が多いと思われます。
 ネットでは、非論理的な投稿や非常識な投稿は直ちに批判の対象になりますから、批判が非論理的または非常識であれば、批判した側が強い批判にさらされます。
 もし私が正当な意見に対して不当な処遇をすれば、私自身が私のブログの常連さんなどよりはるかに多くのネットユーザーから排除(小倉弁護士の用語)されるかも知れません。

 複数の批判を受けた投稿者が「排除された」と言うのは、それは自分の論理性または常識の欠如に対する自覚がないか、負け惜しみの捨て台詞のどちらかの場合ではないでしょうか。

 小倉弁護士が「排除された」と思っているかどうかは知りません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yabelab.net/mt4/mt-tb.cgi/398

コメント(50)

誤:・・・転記先を明記下上で・・・
正:・・・転記先を明記した上で・・・

小宇宙という用語を小倉氏がどのように使っているかを参酌すると、コメント欄を実質的に閉鎖しておいて、自分の妄言を書き散らすブログの方が、(ひとりぼっちの)最強の小宇宙ではないかと思ったりはします。

ご指摘感謝 m(_ _)m
訂正しておきました。

>(ひとりぼっちの)最強の小宇宙ではないかと

 それなら「外宇宙」(宇宙外生命体が隔絶された世界で住む,と女子高生がいう)という方が適切かもしれないですね。

 ほぼ確信してるんですが、小倉弁護士は囲碁とか将棋はやったことがないと思うんです。
 仮にやったことがあるとしても、絶対強くない(^^)

 おそらくチェスもオセロもないでしょう。経験があっても決して強くはないと言えそうです。

それなりに長期間書き込み可能で荒らし回ったつもりは全くないのですが、匿名であることを理由にすべての意見を排除(を通り越して削除)された私がきましたよ。

異論を排除しようとしてそうしたのか、
匿名を排除した結果として異論が排除されたのかはしりませんが。


後日医療関係だったか何だったかでモトケンさんに向けて匿名の人の意見を採り上げて紹介していたので、匿名であることは理由でないことが判明したのですが……

きっと小倉さんは誰かの命を救うために過去の意見をコロコロ変えるのはありらしいのできっとどこかで誰か死の淵からが救われたに違いないんだぜ。ここ笑うところ。

 匿名を卑怯者・臆病者と一貫して攻撃していた小倉先生(それはそれで不変のポリシーとしては是認されます)なのに、アノニマスカワードの集合体であるwikiペディアを自己の見解の正当性に援用していることに、自己矛盾を感じなかったのかな?と雑感を持ちました。笑っては失礼かと思い笑いはしませんでしたが。

 小倉先生でも異論を排除できなかったブログ↓がネットに残っていました…
http://blog.goo.ne.jp/hwj-ogura/

 小倉弁護士にとっては匿名か実名かは決定的な問題ではないんだろうと思います。

 私もそう推測していましたが、さすがにそこまでズバリ突いては失礼かと今まで黙っていました。m(_ _)m
 実は、相手の実名と肩書きを意図的に摘示して誹謗攻撃する道を小倉さんが選択した時から、前記推測が確信(不可動推定)に変わりましたが(汗。

「私がコメント欄を解放すると追従コメントばかり書き込まれて小宇宙化してしまう。それが嫌なのでコメント欄を許可制にしている。」であれば格好良いんですけどね。実際の所は推して知るべし。


ところで小倉氏のエントリで

そして,ある一線を越えると,「自分たちは,世間一般で行われているのよりも高度な議論を行っているのであり,世間一般は自分たちよりも何周も遅れているのだ」などという妙な選民思想を抱くようになります。
他人のブログのコメント欄に「常駐」して,特定の仮想敵を作ってその仮想敵を攻撃し,その関係でブログ主等を持ち上げることで,そのブログの「小宇宙化」を推し進めようという人も稀に現れたりする

あたりについては、少しは思い当たる節も無いではないので、常に自戒は必要かと思います。その前後には出鱈目、牽強付会があるので無視して拾い読みしなきゃなりませんけど。

部分的には正論っぽいことを書いているから、納得してしまう人も居るのでしょうね。仮定と結論はトンデモなのに。

モトケンさんへ

>であるならば、常識ある多くの読者から多数の批判コメントが寄せられるはずです。


すぐイジケちゃう人に言われても・・・なんだかね~


>そのコメント投稿者が沈黙せざるを得ないのは、そのコメントが反論するに足る論理性を持たないか常識的に多数の支持を得られないのかのどちらかである場合が多いと思われます。


時間に限りがあるという発想はないみたいですね。

余程、お暇なのかしら?

 一般論として、コメント投稿者に対して、複数の批判が,短期間に,集中的に,嘲笑,侮辱,皮肉,当て擦りなどの個人攻撃を伴いながらなされることになるのは、そのコメント投稿者のコメントが、嘲笑,侮辱,皮肉,当て擦りなどの個人攻撃を伴っているか、そのような個人攻撃そのものである場合がほとんどだと思われます。

 また、コメント欄が公開されている限り、常識的に多数の支持を得られない見解が多数から批判されるというのも常識的な考えです。
 例えば、

すぐイジケちゃう人に言われても・・・なんだかね~

 こういうコメントは、多くのブログで常識的に多数の支持を得られないだろうと思われます。

 ブログ主の主張が常識的に多数の支持を得られないとブログの炎上という現象が生じる場合があるでしょうし、コメントがそのようなものであれば、多数のコメンテイターから批判されるのは当然でしょう。

 また、無内容なコメントを投稿する人は、「余程、お暇なのかしら?」と思われるのではないでしょうか?

 さらに付言すれば、「同調圧力」とかいうものを問題にする以前の問題として、発言の内容自体の論理性や常識性が問われなければいけません。
 批判されるべき発言が批判されるのは当然だからです。

参考ブログ ↓
http://d.hatena.ne.jp/NOV1975/20090502/p1

モトケンさんへ

>こういうコメントは、多くのブログで常識的に多数の支持を得られないだろうと思われます。

そうですか?あなたのこれまでの言動を知ってる人にはわかると思うんですけどね~。

まあ、イジケて投げやりになってしまう気持ちもわからないでもないですけど・・・


>無内容なコメントを投稿する人は、「余程、お暇なのかしら?」と思われるのではないでしょうか?

いや~文字通り、暇つぶし的な要素もあるから、なんとも言えませんね~

まあ~そんなにムキにならないで、暇なら、暇でいいではありませんか、膨大な時間をブログに捧げるのも、人それぞれの価値観ですから~

モトケンさんへ

>多数のコメンテイターから批判されるのは当然でしょう。

多数のコメンテイターから批判されるとイジケて投げやりになる人が言うセリフ?

なんだかな~(笑

 つまり、私のブログにはブログ主に同調するような同調圧力などはない、というご指摘ですね。

まあHISクンは「ぼくはふせいじつなろんしゃですまともなぶんしょうをかくのうりょくもありません」と自己紹介してくれていますから、エサやりもほどほどがいいでしょうね。
寂しがりやのレス乞ナントカのようですから、居着かれても困りますし。
あと「時間に限りが云々」のくだりは、連休中に立て続けにエントリをアップし、法律は専門外のブロガーに余裕を持って議論したつもりが、相手から「そりゃ反論としてはピントがずれてるだろ」と言われたら某べんごしに対する皮肉でしょうね、多分。

>つまり、私のブログにはブログ主に同調するような同調圧力などはない、というご指摘ですね。


批判されるとすぐイジケてしまうような人に、正々堂々、公平な議論はできないでしょ~


イジケちゃう審判 兼 プレイヤーの構図が・・・(爆

 某弁護士の主張に対する反証例になるかなと思ってお相手したら見事に期待に応えてくれました(^^)

 彼は、私を攻撃したいだけなのか、某弁護士を支持しているのかよく分かりませんが、某弁護士から見れば、敵の敵ということになると思います。
 しかし、某所で繰り返し指摘されているように、そういう人というのは必ず某弁護士を背中から打ち抜くような結果になるようです。

 某弁護士にとっては迷惑な話なのではないかと思います。

何故おぐらべんごしの粘着先に現れる煽り罵倒屋クン達は、おぐらせんせいから見て利敵行為としか思えないような行動を取るんでしょうね?
ここに出てくるHISクンといい加藤クンといい、おぐらせんせいには同情します、本気で。

 小倉弁護士先生を陥れるための(主観的には)巧妙な策略と思い込んだ人達による陰謀かもしれないと邪推・曲解してしまいました。m(_ _)m>利敵行為投稿

いや~ 連休中はネット断ちして有意義な時間を過ごせました。

>おぐらべんごしの粘着先に現れる煽り罵倒屋クン達

「小宇宙」では、このようなレッテル貼りもOKなんですね。
うるさがたのハスカップ氏もご満悦のようで(笑)

連休後は、できるだけ時間を浪費しないよう心がけながら、
このかけがえのない「小宇宙」をヲチさせていただきたいと
思います。

それにしても、これまでの一連のモトケンさん-オグリンの
言い合いで損をした方といえばモトケンさんですよね。
オグリンのブログ以外の場所でモトケンさんの実名を
聞いたことはこれまでないのですが、もしその機会が
あったとしたら、「ヲチブログを立ち上げた弁護士」という
レッテルが最初に思い浮かびますからね。

なにかお気の毒な気はします。

ここはキミのにっきちょうではありませんよ。
おもいではちゃんとにっきちょうにかいて、がっこうのせんせいにわたそうね。

あと折角張ってあげたレッテルが気に入らないなら、もう少し頭を使ってコメントしたまえ。

このようなコメントは別の立場からすると「利敵行為」にも
見えるのですが、
「小宇宙」の住人の方々は気付かないみたいですね(笑)

>もう少し頭を使って
自分の知的能力は本業や趣味の世界で活用しています。
お気づかいなく。

ホントキミはアタマ使わずにコメントしますね。
誰にとってのどのような「利敵行為」か説明できますか?
ただ意味もよく分からないまま人のコメント真似るだけでは「知的」な投稿者とは思われませんよ?
まあキミにそこまでの価値があるかは正直疑問ですが。

>まあキミにそこまでの価値があるかは正直疑問ですが。

実社会でも周りの人に対してこのような発言をされているのでしょうか。
そうだとすれば、自分が気づかないまま周りの人を傷つけていると
思われますので、一度、どこかで相談されたらいかがでしょうか。

私は、幸い、実社会では自分の存在価値に疑問を呈されることは
ございません。お気づかいなく(笑)

キミが実社会とやらでどういう評価を受けていようが、学校や日記で「知的能力」とやらを発揮していようが、私には関係ありませんな。
私が言っているのは、ここでのキミの存在に知性や価値が感じられないということ。
それに対して
>自分の知的能力は本業や趣味の世界で活用しています。
などというピントが外れた返答をしていることで、やっぱりアタマ使ってない証拠を提示してるわけですよ。
ま、事実を提示されても気が付かないのは幸せなんでしょうね。

>ここでのキミの存在に知性や価値が感じられない

「小宇宙」化したブログのコメント欄では、
常連投稿者の方にいきなりこのようなレスをされるのですね(笑)。

もう一度確認しますが、あなたは実社会では
周りの人にこのような発言はされてないですよね。

最近、パワハラの相談を受けることが多くなったので
心配に思った次第です。

ここ以外でキミと私の人生に接点が生まれることはないから安心してください。
キミはここでは十分常連だから、これからも気が済むまで私から存在価値を否定されていきなさい。
パワハラの相談がどうとかいうキミの脳内設定はどうでも良いから、早くキミの言う「利敵行為」についての説明をしていただけないでしょうか?
できないなら加藤クン(煽り罵倒屋)から加藤クン(まねっこくん)にレッテルを貼り替えさせていただきますよ?

>キミはここでは十分常連だから、これからも気が済むまで私から存在価値を否定されていきなさい。

この辺で、このブログが小宇宙であることのLemmaくらいはQ.E.D.というところでしょうか(笑)。

それにしても、通常の思考回路からはこのような発言は生まれないと思うので、ますますこの方が実社会で周りに迷惑をかけているのではないかと懸念されます。

>これからも気が済むまで私から存在価値を否定されていきなさい。

普通の感覚からすると、このような発言をする人は
少し気持が悪いと思うのですが、このスレのコメントを確認すると
モトケンさんは、この方に同調レスをされているのですね。

>モトケンから感熱紙(刑)への返信 | 2009年5月 5日 13:23 | 返信

なかなか興味深いところですね。

おやおや、キミはまさか自身のコメントが「論理的で世間一般の常識に沿ったもの」だと思ってるんですか。
論理的な裏付けを持たない煽り嘲笑罵倒まねっこ発言は異論としての価値を持ちません。
おぐらべんごしの言う「小宇宙」には

異論が投稿されたときに常連コメンテーターが一斉に異論を排除しにかかるブログ

という定義がありますが、キミのコメントに異論としての価値があるのでしょうか?
もしキミが自身のコメントを「揶揄されたり排除されたりするべきではない正当な反論」であると本当に信じているのなら
通常の思考回路からはこのような発言は生まれないと思うので、ますますこの方が実社会で周りに迷惑をかけているのではないかと懸念されます
な。
ところで、「利敵行為」に関する説明はまだですか?

 このブログはコメント欄に投稿があるとアクセスが増えます。
 訪問回数1回という人が圧倒的に多いです。
 つまりニューカマーが多いということです。
 尤もIPで集計しているはずですから当てになりませんけどね。
 そしてユニークアクセス1あたり4ページくらいのPVがあります。
 これが誰にとって利不利なのかは見解が分かれると思いますが。

 小倉弁護士が私のブログに言及したときも増えるみたいです。
 一番増えるのは、他の著名ブログがリンクは貼ったときですけどね。

通常の感覚では「これからも気が済むまで私から存在価値を否定されていきなさい」などと言う相手と議論をする意欲は起きないと思うのですが。もちろん、私の方も同様です。なぜ、しつこく絡んでくるのでしょうか。リアルに少しおかしいのではないですか?

>「小宇宙」では、このようなレッテル貼りもOKなんですね。

 自己矛盾だということが気づいてないのかな。
 この自己矛盾を含めてあなたの発言はほとんど小倉弁護士の受け売りだね。

 頭を使ってないと言われても仕方がないんじゃない。

>頭を使ってないと言われても仕方がないんじゃない。

これについては一言も反論していませんし
(別の場所で使っていますとコメントしただけです)
何とも感じません。

実際に使っていないですし。

本来的な意味での確信犯的な荒らしレスでなく、一般的な意味での確信犯的な荒らしレスをしているようですね。
あなたの一連のレスは小倉弁護士のモトケンさんのブログのコメント欄に対する「小宇宙」発言へのそのまま反証材料になっていると思いますが。

 粘着荒らし様を排除することは、どこのブログでも異論がないでしょう(爆。そういう嫌がらせ(AA攻撃~厭味皮肉当て擦り罵倒etc.)を専門的に繰り返す方は、どこのブログやBBSに出張しても、たいてい常連さん達から批難と退場勧告が集中するものです。

レッテル貼りを批判している人たちが自らレッテル貼りをしているのに対し「あなたがた自身がレッテル貼りをするのはおかしいのでは?」と問いかけることは,レッテル貼り行為を批判するのではなくて,相手方の自己矛盾を指摘するわけですから,批判者の側がレッテル貼りを批判するか容認するかとは別のことだと思われますが。

ただ,この件については,あまり頭を使って考えていないので,よく分かりませんが。

多くの場合でレッテル貼りが批判されるのは、論理的な裏付けもなく「あいつは~だ」とレッテルを貼って、相手の意見の是非を無視して非難するからなんですがね。
私が加藤クンに貼ってる「頭を使っていない、価値のないコメントしかできないまねっこ煽りクン」というレッテルは、ご自身でも認めているとおり単なる事実の指摘に過ぎませんからねぇ。

ただ,この件については,あまり頭を使って考えていないので,よく分かりませんが。
他者批判の言説をするにしては、随分と無責任な態度ですね。

リアルでもこのような言い方をするのですか。
それともネット限定の態度ですか。

「これからも気が済むまで私から存在価値を否定されていきなさい」などと気持の悪い投稿をする人とは、匿名コメント欄でも接触するつもりはありませんので、悪しからず。このようなコメントに対し何の疑問も感じない弁護士が存在することを知り、心底、残念に思っています。

このような人からどんなレッテル貼りをされても、一向に気になりません。お気づかいなく(笑)

精一杯がそれですか。
キミがどう思おうが私には関係ありません。
キミが下らない投稿をする限り、それをこき下ろすだけです。
まあ、気にならないならわざわざ
>このような人からどんなレッテル貼りをされても、一向に気になりません。お気づかいなく(笑)
なんて言わないよなぁ、普通。

>キミがどう思おうが私には関係ありません。

え~~? モトケンさんのことを言ったつもりなのですが。
感熱紙(刑)って弁護士なんですか??

幼児的煽りからは想像もつきませんでした。
失礼いたしました。

 このブログで最初にこういうことを書けば、どういうリアクションが返ってくるかは分かりますよね。

 その後のあなたのコメントを読めば、誰でもあなたのスタンスがどのようなものかも分かりますよ。

 普通はスルーです。

 あなたも気持ちの悪いコメントに付き合う必要はないでしょう。

>このようなコメントに対し何の疑問も感じない弁護士が存在することを知り、心底、残念に思っています。

 もう小倉弁護士の受け売りは十分なさったと思います。
 そろそろお引き取りください。

>このようなコメントに対し何の疑問も感じない弁護士が存在することを知り、心底、残念に思っています。

出て行きますが,これはオグリンの受け売りなどではありません。本当に残念に思ったことです。今後、モトケンさんの実名に触れる機会があれば振り返って思うでしょう。まあ、幸か不幸かその機会はなさそうですが。

おいおい、「気にしない」なんて言っておきながら、いきなり気にしまくりだねぇ。
ここでキミにレッテル貼りをしているのは、私であってモトケン先生ではありませんから、レッテル貼りをしていない方に対して
>このような人からどんなレッテル貼りをされても、一向に気になりません。お気づかいなく(笑)
などと言っちゃうのは、またもや頭を使っていない間の抜けたコメントなんだよねぇ。
あと慌ててコメントするのは構わないけど、最低限のマナーくらいわきまえような、加藤クン?

>このようなコメントに対し何の疑問も感じない

というのは「コメントに対して何も言わないというのはそのコメントを容認していることだ。」という小倉先生の論理と同じですよ。
あなたはテレパシストですか?

これ以上書くと、ダブハン疑惑まで出かねませんよ。
そうなると小倉先生にもいらぬ迷惑がかかりますから、「出て行きます」というのが正解でしょう。

 それとも小倉先生を貶めるため「意図的にダブハン疑惑を装う」高等戦術策略陰謀かな? どっちにしろ小倉弁護士先生の迷惑となりますから。

コメントする

太字 イタリック アンダーライン ハイパーリンク 引用

このエントリのコメント