個人識別用エントリ

| コメント(7) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 このエントリは、la_causette に「モトケン」または「矢部善朗」名義で投稿したコメントがブログ主であるモトケンの投稿であることを明らかにするためのエントリです。
 ここで、投稿した旨を明らかにすれば、小倉弁護士のコメント欄管理ポリシーに従って受け付けられるものと思います。
 そこまでしてコメントする必要があるのか、というご意見の方は多いと思いますが(^^;

2009/05/12 午後2時前ころ、「自己のポリシーに沿わないコメントは全て公開しないという方針?」に対して、「だから、「こちら」に記載されているのが小倉先生のブログ運営ポリシーなんでしょ。」というコメントを投稿しました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yabelab.net/mt4/mt-tb.cgi/408

コメント(7)

 投稿者のIPアドレスとID管理を普通にやっていれば,基本的なTCP/IPやインターネットの知識がある以上,「なりすまし」も「なりすまし偽装」も容易に見抜けるのが普通なんですけどね。特に,ココログならクッキーIDで投稿者を把握しようと思えば把握できるんだし。ハテナで漢字4字のコテハンの方が偽装が容易な気がしますw

 私のブログにおけるなりすましについては、常連さんの場合は、IPとか見なくても文章見ただけで分かりますし、当然、ご本人から指摘が飛んできますね。

 小倉先生が経験したという

匿名のくせになりすまされた云々と執拗に騒ぎだてする方

というようなややこしい人はスルーでいいと思うんですけど。
 もっとも、小倉先生の解釈ではブログ主がスルーすると、ブログ主がその意見を容認(消極的賛同?)したことになるらしいので、小倉先生としてはスルーできないのかも知れません。
 しかし、私の理解しているネットの常識では、別にスルーしても容認したことにはならないはずですから、常識に従ってスルーすればいいのに、と思うわけです。

 ただし、小倉弁護士のコメント管理ポリシーは間違っているとか許されない、と言うつもりはありません。
 しかし、他ブログにおける匿名の他人のコメントを批判しておいて、自ブログのコメント欄でその他人からの反論を受け付けないというのはフェアではないと思います。

しかし、他ブログにおける匿名の他人のコメントを批判しておいて、自ブログのコメント欄でその他人からの反論を受け付けないというのはフェアではないと思います。

私もそこのところが非常にひっかかります。

ブログ主同士の論争なら、まだしも互いのブログ本文で応酬が可能です。
でも、先方のブログで一コメント主がターゲットにされた場合、そのコメント主が自分のブログを持っていない限り、自力で直接反論する術は下の三つしかないんですよね。

1.自分のブログを立ち上げ、そこで反論する。
2.モトケンブログのコメント欄を借りて反論コメントを書く。
3.先方に素性を明かし、本人確認してもらった上で反論を載せてもらう。

いずれの場合も、一方的に売られた喧嘩を買うには不釣合いな負担や気疲れを伴うものばかりです。かといって、反論しなければ先方のマイルールが適用されますし・・・。

 日本で「フェアユース」の法認を推進する小倉弁護士先生がフェアでない投稿ルールを設定するのは、不思議なアイロニーかもしれません。
※フェアユース
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B9
 ちなみに欧米とく英米文化では「フェアでない(アンフェア)」というだけで、社会生活でも大きく信用を失墜するので、英米にご出張の際はアンフェアな言動にお気をつけください。m(_ _)m

おせっかいなことを言えば「コメント欄管理ポリシー」を常にブログの一番上に貼っておいたほうが親切だって思います。
真面目なコメントだったのに承認されなかった〜って言うの見かけたことがあったので。
訪れる人に時間の無駄をさせてたことになりますよね。

そういえば君の瞳に恋してる眼科先生だったら実名も勤務先まで明らかだから今までももしコメントしてれば承認されてたわけですね。
そういえばこの頃お見かけしてないけど。

さすがにコメント掲載しましたね。

Commentaires

だから、「こちら」に記載されているのが小倉先生のブログ運営ポリシーなんでしょ。

Rédigé par: 矢部善朗 | le 12/05/2009 à 01:53 PM

投稿名などの注記がフランス語なのがla_causetteらしいというか、小倉氏のささやかな自己顕示意識というか・・・。

 モトケン先生と同一の評価をされる方がいらっしゃいました。


勅使河原光久(実名)のひたすら無題 Ver2.0
  2009/05/13(水) 02:53:48
  あれ?形式よりも内容「だった」でしょう?
http://sasuket.blog7.fc2.com/blog-entry-79.html

コメントする

太字 イタリック アンダーライン ハイパーリンク 引用

このエントリのコメント