印象操作

| コメント(8) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 小倉秀夫弁護士から、「 『印象操作』に造詣が深い矢部教授」という賛辞をいただきましたw

とりあえず、第三者の意見をリンクしておこう。
ブログ小宇宙

 コメント欄の管理を放棄してコメント欄を閉鎖しているブログ主や形式的には公開しているけど事実上閉鎖しているブログ主が、コメント欄を公開しているブログ主を批判するのおかしい、とまで言う気はないのですが、自分のブログのコメント欄に自分を批判するコメントしか書き込まれなくなったことからコメント欄を(形式的であれ事実上であれ)閉鎖したブログ主が、コメント欄にブログ主に共感するコメント投稿者が多いブログのブログ主を批判するとなると、それも「小宇宙」とかいう必ずしも意味が明瞭でないレッテル貼りを行って批判するのは、ちょっとおかしいのではないかと思うのは私一人ではないのではないでしょうか?

 小倉秀夫弁護士が、「わいせつな意図はなくても全裸は危険」(ウェブ魚拓)というエントリで私を批判しているようです。

 池田信夫blog の「[中級経済学事典] 双対性」のコメント欄に以下のような指摘がありました。
 自戒を込めて全文引用して紹介させていただきます。
 (コメント欄へのリンクがないため。)

経過報告

| コメント(22) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 小倉秀夫弁護士が、「あなたとは違うんです。」で、電話の状況について説明されていますので、私からも補足説明させていただきます。

 私としましては、個人間の電話の内容を公にすることは適当なことと考えておりませんが、小倉秀夫弁護士が、電話の相手が私であると明示されました。
 そうしますと、小倉弁護士が以前から触れられている電話の相手も私であることを明らかにしたことになります。
 これまでの小倉弁護士による電話内容の紹介には、やや一方的な部分もありますので、ここで憶測を避ける意味でも私からも明らかにしておくことにします。

 という点についての補足説明です。

 単体のエントリとしては一般論ですが

 小倉秀夫弁護士の「むしろ、読者に斟酌される属性をコントロールしたいのでしょう。」についてです。
 名指しのエントリですし、法律論的議論を含むので少しだけ反論しておきます。

 novtanさんから、忠告をいただきました。
 議論以前の問題(novtan別館)

 「ブログタイトルを元に戻しました
 なお、このエントリの当初のタイトルは「ブログタイトルを変更しました。」です。
 その後、タイトルを変更する機会がありません。

今日のアクセス

| コメント(10) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 今日のこのブログのアクセスは多かったです。
 最近では、池田信夫blogで取り上げられて以来のアクセスでした。
 その割に批判的コメントがなかったことにはほっとしています(^^)

 東京平河法律事務所に所属されている小倉秀夫弁護士の「ダブルスタンダード」についてです。

 小倉秀夫弁護士の「論者の党派性に言及すること」についてです。

 OguraHideo 氏がはてなブックマークコメントで以下にように述べています。
 なお、OguraHideo 氏というのは、言うまでもなく小倉秀夫弁護士です。

 小倉秀夫弁護士が、「教授たるに相応しい業績」において、明らかに私を念頭においていろいろ言っています。

 小倉秀夫弁護士が、「教授たるに相応しい業績」の追記で、こんなことを書いています。

 la_causette の「教授たるに相応しい業績」についてですが、以下に全文を引用しておきます。

 それは単なる自己満足であり、裁判官に対する説得力を持ち得ないからです。
 そして、普段からそのような思考パターンに慣れ親しんでいると、準備書面でもそのような主張をする蓋然性が高くなると思われます。

一般論と陰謀論

| コメント(8) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 東京平河法律事務所に所属されている小倉秀夫弁護士のため息の出るようなエントリです。
 「中世の魔女裁判のような拷問を加えたりしなくとも被疑者は虚偽自白するし,そのことを完全に防止する術はどんな優秀な弁護人にもない」(ウェブ魚拓

東京平河法律事務所に所属されている小倉秀夫弁護士が書いたla_causette 「25日までに!?」(ウェブ魚拓)を読むと、もはや末期的だな、という印象を深くします。

WBC関係報道

| コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 どちらも負けた側の言葉です。
 ちなみに、どちらも産経ニュースから(^^;

 ブログエントリの紹介です。

実名の二枚舌

| コメント(2) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 匿名で他人を誹謗中傷する輩を「匿名の卑怯者」と呼んで非難していた人物が、論敵を攻撃するために自ら「匿名の卑怯者」を利用しようとしている。

 「実名の二枚舌」と呼ぶことにしよう。

 間接正犯か教唆犯かは微妙なところだが。

 東京平河法律事務所に所属されている小倉秀夫弁護士のブログである la_causette の「人民裁判的実質的犯罪論」についてです。

 常識的に考えて首をかしげてしまう内容ですので、この際、コメント欄でこそこそ批判しているよりエントリの形でアップしておくことにします。

 la_causette の「微罪,以前に。」についてです。

 la_causette の「タイミングの問題」についてです。

 la_causette の「刑事手続に詳しいブロガー」を読んだ感想です。

 新館ブログでも触れたla_causette の「確実な事実であってもリークすべきではない。」についてです。

小倉秀夫弁護士の詐欺的な論理(池田信夫blog)
また引用されてしまいました(^^;

 すでに某所(ないしたぶん各所)で指摘されていることですが

 他人を批判するなら弁護士たるものもっとまっとうな批判をするべきではなかろうか。
 la_causette の「『手抜きをせよ,依頼者を裏切れ,サボタージュせよ』という外野の絶え間ない要求」についてです。

最近のla_causette

| コメント(19) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 小倉弁護士はいったいなにをしたいのだろう?

 なぜかGooglePageRank が3になってる(^^;

最近のla_causette

| コメント(3) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 老眼にやさしくなってますね(^^)
 最初は、自分のパソコンの動作不良かと思った(^^;

 昨日のボツネタの経緯がありますので、今日の早朝あたりにla_causette に何か書くだろうなと思っていましたら(^^)

 あるブログを紹介しているブログエントリの紹介。
 どっちに書こうか少し迷いましたが、こっちのほうが親和性が若干高いかも(^^;

 私は、小倉秀夫弁護士のla_causette のエントリなどについて、「印象操作」という語を用いて批判していますが、

 かなり有名なエントリだと思いますが

 再度la_causette の「矢部弁護士と阿比留記者の異同」についてですが、

 la_causette の「矢部弁護士と阿比留記者の異同」(ウェブ魚拓)についてです。

 la_causette の「医師がなぜ医師増員に反対するのか」についてです。

 la_causette の「ネガティブ評価の賞味期限」についてです。

 la_causette の「企業再生に関与した経験」についてです。
 小倉弁護士のエントリは橋下知事批判であるわけですが、私のエントリも小倉批判というわけではありません。

 la_causette の「医師一人あたりの医療費のGDP比が高いということ」についてです。

 la_causette の「医師1人あたりの医療費の国際比較は?」についてのいくつかの疑問を指摘してみます。

 la_causette の「免責特権を付与せよとの立法要求を支える立法事実はありやなしや」についてです。

 毎度毎度代わり映えのしないエントリですが、それは私のせいじゃありません。
 小倉せんせーのせいです(^^;

 あえてエントリとしてトラックバックするほどの内容ではないのですが、
 la_causette の「旧過失論と回避可能性」についてです。

悩める医師

| コメント(10) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 本館ブログのコメント欄からの紹介です。
 誠実な医療の重要性 No.124 くろすけ さん | 2008年8月29日 15:48

 ここには、表向きのテーマである「医師不足」についてにおいて指摘した、小倉弁護士の持っていると思われる医師像とは明らかに違う別の医師の姿があります。

 もっとも、小倉弁護士のことですから、このような匿名の投稿に対しては、

 匿名だと,どんな「体験談」でも創作できますね。

 と言うのでしょうね。

(冒頭追記8/30)
 このエントリはタイトルを変更しています。
 小倉弁護士が

このエントリーにも矢部弁護士のブログからトラックバックが来ていましたが,エントリーのタイトルが品位を欠くと判断しましたので,非公開とさせていただきました。

と言われてますので、その趣旨を尊重し、タイトルを変更の上、あらためてトラックバックすることにします。

(以下、本文はもとのままです)

 la_causette の「平成10年から将来の「不当」逮捕を予測して逃げていったとでも?」についてです。

 la_causette の「産科・産婦人科医の減少と出生数自体の減少」の本論についてです。

 嘘も百回繰り返せば本当になる、と小倉弁護士は思っているようです。
 la_causette の「産科・産婦人科医の減少と出生数自体の減少」についてです。

 お目汚しですみません。
 特に、お食事中の方すみません m(_ _)m

 la_causette の「匿名社会で通用している手法を実名ブロガーが使うことのリスク」についてです。
 そろそろ不毛だなと思ってるんですが(^^;

 la_causette の「民事訴訟提起率で起訴率を占うことの愚かしさ」についてです。
 ごまかすのに必死で痛々しい限りです。

 bewaad.com 「医療関連のコメント用エントリ」に小倉秀夫弁護士が次のようなコメントをしました。

昔話(その1)

| コメント(11) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 2ちゃん情報に基づき、「小倉秀夫 ノマネコ」でググると

 最初にヒットしたのがこのページで、そこからまとめサイトを行って一読して、最後にMatimulogでお墨付きを確認。
 
 3年前と同じパターンみたいだな(嘆息)

 la_causette の「デマの効果」についての3番目にエントリです。

 la_causette の「診療科目ごとの訴訟リスク」についてです。

 「デマの効果」のエントリ本文におけるテーマは一応「医師不足」のようですので、まずそれについてコメントします。

 la_causette の「デマの効果」にとりあえず一言。

 このエントリの原稿は3日前に書いたものなのですが、専守防衛的観点からはちょっと超えているかなと思いましたので、公開を控えていたものです。
 しかし、今は専守防衛の制限は取っ払いましたので遠慮なく公開させていただきます。
 タイトルには(No.1)とつけました。
 面白いコメントがあれば、No.2 以下を書くかもしれません。

 bewaad.com の「医療過誤関連問題の個人的一区切り」のコメント欄ですが

ブログペット

| コメント(3) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 ブログペットの例

 http://www.yabelab.net/monotalk/blog/

 「ものとーく」ですけど、最近更新してませんので、ブログペットの進化バージョン(どこが進化してるのかわかりませんが、昔よりはかわいくなりました^^)のこころちゃんの投稿ばっかりです(^^;
 
 思わずレスしたくなるのもあります(^^)
 

 la_causette の「いまさら「旧過失論」に戻っていいの?」についてです。

bewaad.com 顛末記

| コメント(9) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 bewaad.com で、私と小倉弁護士の議論が取り上げられていました。

小倉秀夫弁護士のコメント(bewaad.com)

なお、「いい加減な医療行為をやって患者を死に至らしめても刑事免責とせよ」という立法要求自体が反倫理的だと一般には受け取られており、それでもなお、「その要求を受け入れなければ医療崩壊だ、それで困るのはお前らだ」という論理でそのような刑事免責の創設を要求しているのが一部の医療系ブロガー・コメンテーターです。

舛添要一・厚生労働相のコメント

何をもって医師の過失とするのか判断が非常に難しい。そもそも刑法犯罪としてなじむのか。判決で参考にできるところは参考にし(死因究明の第三者委員会である医療安全調査委員会の設置法案を)来るべき臨時国会できちんとコンセンサスを得てまとめたい。委員会だけでなく(医師の過失が立証できなくても補償金が受けられる)無過失補償制度など、いろんな施策を組み合わせて医療体制全体を再構築することが重要だ。

 舛添厚労相も反倫理的だとおっしゃるのかな?

実名ブログ

| コメント(3) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 本館で書こうかこっちで書こうか迷ったのですが、やはりこっちで書くことにします(^^)
 これも、「novtan別館」の紹介です。

 「初心者が実名でブログを書くならば

 la_causette の「初心者にこそ実名でブログを開設することをお勧めする。」に対応するエントリです。

 比較すれば、私も NOV1975 さんの意見に賛成です。
 思えば、いきなり実名+ハンドルでブログを始めた私は、かなり無謀なことをしたのかも知れません(^^;
 それ以前に、匿名で若干の修行はしましたが(^^)

 実名ブロガーへのアドバイスの最初に

 鉄の自制心

 をあげられているのはさすがと思います。
 私の場合はちょっとアレで、特に別館ではかなり軟化させてまして「鉛の自制心」程度かも知れません。

 そして、最後が

 常に訴えられる覚悟を

 というのも、なかなかです。
 私の場合は、そこまではなかろうと思いつつ、覚悟というよりあらゆる可能性は想定しています。
 まあ、どこかで直接顔を合わせたら、どんな挨拶をしようかなという程度ですが(^^;

 上記の二つのエントリは、ブログを書いている全ての人が参考にするに値すると思います。
 文字通り全ての人にとってです。

 

他山の石(^^;

| コメント(9) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 la_causette の「きくりさんのコメントを紹介」関連エントリです。
 すでに、「小倉弁護士のダブスタは」で触れていますが、その後の経緯を含めて追記です。

 最近、別館のお目汚しブログで小倉弁護士を強く批判しておりますので、私のことを小倉弁護士が批判している医療側の意見の賛同者であるとお考えの方もおられるかも知れませんが、必ずしもそうではありません。

 la_causette の「嘘をついた人より,嘘を指摘した人にすごむ人」についてですが、

今に始まったことではないのですが、la_causette の「きくりさんのコメントを紹介」は露骨過ぎるなと思いつつ、若干コメントします。

 la_causette の「一度覚えたキーワードにすがる人々」についてです。

 私には関係のない話です。
 la_causette の「矢部弁護士は,何のために弁護士生命を賭けているのでしょうか。」についてです。

 a_causette の「匿名電子掲示板上で、自分の会社を非難する書き込みを発見した場合にどうすべきか」において、小倉弁護士は、企業の法務部の対応として、以下のとおり助言されている。

 la_causette の「建設的な時間の使い方」についてですが、たしかに建設的な時間の使い方は大事だと思います。

 内容的には、毎度おなじみの印象操作とだけ言えば足りると思いますが、一言だけ言えば

 la_causette の Guidelines 「for the NHS」では? に関するエントリです。

 「医師不足の時ほど」の追記に関するものです。

 la_causette の「医師不足の時ほど」についての簡単な感想です。

 小倉弁護士が、本館ブログについて、しきりに「レベル」を問題にされてます。

 la_causette の「不条理な脅しには屈してはいけない」について意見を述べます。

 今回は、la_causette の「矢部善朗弁護士はどこへ行く。」についてです。

発言集をアップ

| コメント(0) | トラックバック(0) このエントリーを含むはてなブックマーク  (Top)

 極めて不完全なものではありますが、私と小倉弁護士の絡みの経緯に関係しそうな発言集を作ってみました。

 本館ブログにおける小倉秀夫弁護士のコメントです。

 今回は、la_causette の

 法令用語の使われ方くらい調べればいいのに。

 についてです。

 このエントリは、前段と後段に分かれています。全然別のことが書いてあります。
 だからどうだというつもりはありません(^^)

 最初に、現時点における la_causette の最新エントリである

 日本産科婦人科学会における「正当な業務の遂行として行った医療」の意味

を取り上げます。

 このブログは、主として医療問題に関する小倉秀夫弁護士の発言を批判するための場として開設したものです。

 なぜこんなブログをわざわざ作ったかといますと